yu+ru+ri 尾道便り。尾道水道にほど近い
彫金工房から
暮らしの徒然ごとを。
Atelier fika
尾道わらべうた伝承研究会 おのみちわらべ 主宰

CALENDAR  RECOMMEND  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK
CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS
安心の場所

1475121411190.jpg
久しぶりにつらい風邪を引きました。

色々なものを抱えすぎていたみたい。

色々必要ないものも食べてしまった夏だったし。

調整しなさーい、と私の身体が叫んでいるよう。

田んぼは 
いろんないきものが通りすぎていきます。
巡る地球の自然な営み。大安心なんだな。

ヌートリアやいのししも来るから
今年は
いやはや、穴ぼこだらけの田んぼですよ。

 

私と娘は それぞれ一つずつ、

自然にしたがって

大きなものを思い切って手放した今年。

 

私は、大きなお金も時間もかけて勉強したもの。

娘も、人生の宝、尊い宝をくれたもの。

それぞれこれからの人生も大切に思うことだから

もったいなくて仕方ないけれど。

 

田んぼと同じで 穴ぼこだらけだけど、

自分らしくあるために

そんな 風通しが必要だった。

 

少し、工房にいる時間が増やせました。

よいしょっ 秋は よい油をさして、

軽やかな働き者になろう〜。

1475121851508.jpg

1475122047818.jpg

田んぼの手前はざくろの樹

 

虹の畑 風の庭  c.0  t.0
月と胡桃
130919_2050~01.jpg
向島半周して反対側の海へ
ざざぁん という穏やかな瀬戸内の波の音と
秋の虫の声の中でお月見をしていました

おつきさまえらいの
のわらべうたを娘が気に入って
二人で輪唱したりしてました

♪おつきさま
えらいの
かがみのようになったり
くしのようになったり
はるなつあきふゆ
にほんじゅうをてらす


ぼや〜んとのうみそ空っぽで過ごす秋の夜はいいもんです

家の外では
息子くんが種をいただいてきた
ゆうがおの大輪の花が
満月に照らされて光っていました。

130919_2043~02.jpg
ゆうがおの咲く夕方には おうちにかえろう

という、なんとも温かな『ゆうがお運動』というもので、
一年生のおうちに種が渡されました。


130304_1509~01.jpg
白秋さんの古い古い童謡集
『月と胡桃』

遠くに住む大好きな方から
復刻版をプレゼントしていただいたのですが

こころから大切な一冊です。

透明なあめ玉みたいに 甘く転がる言葉たちの中に
今宵はすっかり浸っています。。
虹の畑 風の庭  c.0  t.0
いのちの田んぼ

暑い暑い夏でしたが、
ありがたい雨の恵みと、
会社帰りにマメに愛情をかける夫の念もあり、

半世紀ぶりの復活のたんぼの
自然農稲はすくすく元気に成長しています。

水のあるところに出やすい・・・マムシも出現!
警戒中です。





いのちの田んぼの番人。
蜘蛛さま

 

地道すぎる全部手作業の畔つくりからはじまって
地植え、籾まき 苗代づくりの方法や、間隔の広い一本うえ、

現行農法に慣れたご近所さん方にとって 
今やだいぶ風変りに見られ、「まずはやってみぃ、失敗せんとわからんから」
と、失笑気味に見られていた私たちの復活の田んぼですが、

あまりに元気に育っているので ご近所のおばちゃんたちも
元気に育つもんじゃねぇ、とびっくり声をかけて見に来てくださいます。

改めて自然農を教えてくださった師匠や仲間たちに感謝しながら
元気な苗とむかいあいます。

あと、ひと山!
「あけぼの」という、少し遅めの品種なのだそうです。




虹の畑 風の庭  c.0  t.0
田植え
130623_1919~01.jpg

復活の田んぼ作業
夫ぎみの奮闘により

家の池から水をひいてみるという無謀な作戦
畦塗り(子どもたちのどろんこ祭り化)

小さなため池作り

あまりに水が抜ける&土地が斜めなので
苦渋の代掻き作業

等々等々


130623_1628~01.jpg
これは 苗代から 一本ずつ 苗をほぐして
いる作業

子どもたちも 泥投げ合戦(きょうだいげんか)しながら 根気強く手伝い

130623_1915~01.jpg

だから だから

田植えって
こんなに嬉しいハレの日なのですね

130623_1517~02.jpg

今までは
田植えや稲刈りイベントや 教えていただきにたまに行く だけだったのが

やはり 一から自分たちで 挑戦してみると大違い!

教えてくださる師匠や 田んぼの先輩方に
最敬礼〜再敬礼だわ。

本当に小さな田んぼ、しかも 30×40の疎植ですから
自然農育ちの元気な稲の苗が大量に余りました

バケツ栽培などでご所望の方はお分けします!

とにかく 雨が少ない土地ですから
今年の夏の慈雨踊り(雨に感謝する祭り)は 気合が入りそうです。


虹の畑 風の庭  c.0  t.0
紫陽花まつり
あじさいの花のかわいさに
この季節は 幸せをもらいます。

 

工房を開いている日に
彫金の生徒さんがもってきて下さった "おたふく” という
ぷっくりした あじさい♪


庭で大株になってきた 紫陽花の苗



去年植えたアナベル・・・



いつもお世話になっているご近所の方が届けてくださった
 たくさんの種類のあじさい花束





様々な紫陽花に 雨の日の心が和みます。



はたけは

サトイモの葉っぱ。 オレガノの花。 いわずもがな おなす。



待ちに待った 雨の日です。



さて。お気に入りの
オレガノの一種。

不思議なんです。
花がね、ちょこん ちょこん と 花みたいな葉っぱの間から 
沢山顔をのぞかせています。

虹の畑 風の庭  c.0  t.0
心配な来客

がさごそ・・・と音がします。
ん?と よく見れば。



ちいさな むくどりさん(かな?わかる方教えてください。)でした。

近所の子どもたちが ”かわいい〜””大変だ〜”と 
ワイワイ囲んで「うちで助けてあげる〜」などなど。

鳥の図鑑をもってきて 大童。

でもね、けがはしてない、元気そう。

巣立ちの練習中のひなを 好意であれ 拾ってしまうのは NGね。
直接さわることは出来ないわね。

そぉっと、うちのインコちゃんのえさを そこに盛って、
遠巻きにしていましたら
お母さんの鳴き声がきこえてきました。
ひなちゃんも、おかあさーん!ここ〜、と懸命に鳴いている。

少しの間、植え込みに居たようですが、
今度は 車のホイールの中に入り込んでしまい、大変!

さすがにこれは そっと救いだし、私たちが出かけている間に
大量のフンを残して、また旅立ってゆきました。


 

元気かなー。大丈夫かなぁ。
虹の畑 風の庭  c.0  t.0
今話題の?!
130519_0911~01.jpg

「野草酵素「作りをざっくり教えてもらいました

桃源郷 とも言われている 友人の畑周辺の野草はいきいきとしていました。


家のまわりの豊かな自然とお砂糖、そして”人の手”という酵素があれば、
野草酵素ドリンクは出来るのですね

土地に合ったところに自然に育つ野草。

野草はその土地が必要としているように、
土地のバランスをとってくれるように生える、と言われますが

以前 きいた

その人の身体に必要な野草が
その人の住む土地の周りに生える

という話も印象的に残っています。


すばらしい命のパートナーが実は雑草と呼ばれて疎ましがられるのは残念。

大切な相棒の野草。
次はうちの前の野原で野草酵素を作ってみます。


虹の畑 風の庭  c.0  t.0
転校生の文ちゃんと 自然探検隊
 
ご紹介します。

北海道から来た 文旦のぶんちゃん、5歳。



札幌の彫金師匠が種から大切に見守ってきた 文旦さん。

北海道ではもう限界だから 尾道の野原に植えてあげて、と

空を飛んできました。

元気に根付いてくれますうように・・・

にじのはたけ内、自然探検隊の基地に引っ越してきました。

子どもたちと「文ちゃん」と 声をかけながら見守っています。



文ちゃんの隣では、せっせと 自然探検隊が穴を掘り続けています。

穴が貫通した〜!



住める?小屋の 「コブハウス」も目下、制作中。




これは 自然探検隊の約束なんでしょうか



両手を広げる 桑の木には 旗がひらめいています。



「アスレチック ファイヤーマン!!!」



文ちゃんと一緒に 元気に育ってね〜


虹の畑 風の庭  c.0  t.0
空へむかって

  
にじのはたけです。

空へ。

ぐんぐん




麦もぐんぐん




やっほぅーーーー、って 声が聞こえそうなくらい。




ソラマメもえんどう豆も 今年、とても元気に育っていて
ありがたく いただいています。








一見何が何やら「荒れ」放題です〜

ばっちり除草している方からすると
なんじゃそりゃー、という畑です〜

自然農、と言ってしまうと なんだかそこまでこだわり抜いていない・・・

ただただ、思うように育つ植物に敬意を感じます。

草の中から こんにちは。



育ちたいように。

空へ空へ
愛おしい植物の力を感じる今日この頃です。


風の庭は
ハーブ盛りです。

ボリジ チャイブ レモンバーム

セージ ローズマリー ラベンダー

ルー タイム オレガノ

ミント タンジー コリアンダー・・・

やはり ハーブは 一旦勢いづくと とっても元気ですね。









モリモリ育っている 野生児たちです。


虹の畑 風の庭  c.0  t.0
この一粒が。
 お米のモミまき。

自然農の
なんば師匠のたんぽへ。

本当に こんな一日一日が
ありがたく 幸せ満喫です。






田植え前の命の田んぼで

ねっころがるのがは とてもきもちよいのです。

ゴールデンウィークは 田畑三昧です。


虹の畑 風の庭  c.0  t.0
| 1/5 | >>