yu+ru+ri 尾道便り。尾道水道にほど近い
彫金工房から
暮らしの徒然ごとを。

atelier fika
尾道わらべうた伝承研究会 おのみちわらべ 主宰

「こえ」「ことば」を なりわいとも しています。

CALENDAR  RECOMMEND  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK
CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0
西日本豪雨断水6日目尾道

断水六日目。

 

atelier fika 〜小さな飲み水給水所&お茶の場として臨時オープンです。


朝6時、広島の元気の印の赤い帽子をかぶり
小学生の息子はパパと 給水ボランティアに出かけていきました。

DSC_2028~2.JPG
昨日息子とボランティア登録へ出かけた際、
地元強豪高校ラグビー部の方々もボランティア登録中!
こりゃ、最強の力持ち助っ人だわ!

 

 

豪雨の少しあと、泥の河となっていた尾道水道。
DSC_1988.JPG
西日本豪雨
その被害の大きさに 言葉をなくして茫然としてしまいます。

辛い思いをされている方
不眠不休で復旧に当たられている方、命を預かる職の方…。
様々な方の思いの中で今が 刻一刻と進んでいます。

fikaは丘のうえにあり、被害はなく
少し心配した崖崩れなどもなく 断水以外は大丈夫です。

小、中学校も夫の会社も 一週間休みとなりました。
区長さん地域役員さん 消防団の方はじめ、当初より
動いてくださっている方の お疲れも極限です。

新たな若い力で少しでも疲れが分散すれば、と思います。

我が家は 炊事とトイレに極限に水を使わない作戦決行中です。

記録のように 思いつく限りの、また教えて頂いた知恵で。

DSC_1993.JPG

お皿はラップをかけて使用。

まな板も汚さぬよう、新聞紙の上にオーブンペーパーで。

牛蒡のささがきもあまりお水使わないよう・・

お魚お肉は衛生上切れていない状態で売っているので

ビニールを敷いて、またビニール袋ないでもみこんで調理。

 

トイレをあまり使いたくないからと、水分をひかえたらクラッとしたので

熱中症対策を優先してきちんと補給すること。



隣町の祖母よりお風呂と洗濯とお水配給でお世話いただいている分

多目に浄水器を通した水を 分けてもらい
近隣にすむ飲み水に困る数人の方や、工房の生徒さん、近所の方に
できる限りお水をお渡ししながら なんとかやりくりしています。


DSC_2017.JPG

普段なかなか会えない友人も会社が休みになった、と子どもたちを連れて

水汲みがてらお寄りくださいました。

小さな炊き出し。親子丼。

 

しんどいこんな時でも子どもたち同士は無邪気で、

この一瞬も何か不思議な温かな思い出のひとつになるのかも、と思いました

 

 

息子は水のタンクをもって
近所をピンポーンと押しかけて
水、必要ありませんか?と
回ったらしく おせっかいぶりに びっくりしましたが

DSC_2023.JPG
喜んでいただけたおうちもあったようです。

fika 給水所は 息子が管理しています。


そんな気持ちがあるなら、と地域のボランティアに手をあげました。

小学生がどれだけ役に立てるか、

受け入れ側もずいぶん考えていただいたようですが、

何より 未来をいきる子どもたちにも経験として携わって欲しい、

と、受け入れてくださいました。感謝です。

Fotor_153135359040142.jpg

水と人間の関係を改めて考え直しています。


毎日福山の実家と往復しているので、

割と新鮮な浄水器を通したお水があります。

島の端ですが、ある分はみんなで分けていきますから

ご連絡の上、お立ち寄りください。

 

atelier fika 〜18日まで臨時休業ですが、

本日12日は いつもお越しくださっている生徒さんお2人、

手を動かしに来たい!とオープンです。

緊急事態でお二人ともあくせく動き続けて6日間。

一息安らげば、と思います。お茶だけでもどうぞ。

 

今日は急きょ、向島にオープン予定が延期になった

かきごおりやさんのみかんちゃんが 我が家に

かき氷を50食運んで下さるので、

子どもたちを呼んで3時くらいからみんなで食べます。

DSC_1996.JPG

 


 

尾道  c.0  t.0
今日の向島 雑感。

事件や災害が隣り合わせであることを思い知らされたこと。

外で遊べないことで、頭をかすめた原発の事故のこと。

頭上に飛び続けるヘリコプターの音に沖縄を重ねた瞬間。

 

これで すべてがわかったようなことは到底言えないけれど

世界の中には 常に警戒態勢の緊張感を強いられながら

子どもたちが育っている場所があるのだということにも

気持ちを重ねるような出来事でした。

 

平和な島の 本当の平和を考えました。

光と闇の統合です。

いや、何か、少しの勇気で 闇がものすごい光に変わるような。

 

向島でそんな陰陽が統合して、私たちの心に

大きな種をまいてくれたのだから、

これを受けて進んでいけばいいと思いました。

 

不安…驚き…恐怖…の最初の1日

迷惑…怒り…疲れ…の1週間目

心配…疑問…寄り添い…の2週間目

慣れ…悟り…安堵 3週間。

 

特殊な状況におかれ 

様々な感情の学びを潜り抜けたような3週間でした。

 

全国の友人や家族から、よかったね、とラインやメールを戴いて

ご心配ありがとうございます、です。

様々な支えや声の掛け合い、助け合いに感謝です。

なんだか、私も ぼぉーっとしていて沢山フォローして頂きました。

 

鍵を開けっ放しにしがちな島でしたが、突如 防犯意識が高まりました。

 

ばったり会ったらどうする?? なんかさ、まずは話を聴きたいよね

辛かっこととか・・・あったかいもの、食べたかろう。

そんな境地にまで達した会話が日常に。

 

丁度 今、中学校の部活のお迎えに行ったときに

逮捕のニュースをききました。

 

満月に荒神さま 荒神小学校でねぇ。

尾道の龍のお導きか(笑)龍を磨くたつまさん。

 

向島の私たちも 磨かれたか。

 

学校の見守りで立って下さっていた刑務官の方と

「果てしないですね、、」と言葉を交わした直後でした。

 

刑務官の方もほっとされて 

やっと「どちらからですか」と私的な質問を投げかけましたら

三重県からだそう。

「しまなみ海道、いいところですね、今度は旅で来ますね。」と。

 

たつまくん(と、中学生たちが呼んでいた)が

脱ぎ捨てた靴が落ちていた 学校前の帰路、

 

娘と自転車を押して歩いていたら、普段お話したことのなかった

近所のお父さん、お母さんが話しかけて こられました。

 

近所のおとうさん

「あんたんとこは、お子さんがいるから、心配だったじゃろ

 わしんとこは、年寄りばっかりじゃけぇ、なんもこわいことなかったけどな。

 これからは 近所の若いもんたちと もっと交流していかにゃ、ならんな」

そういいながら、きゅうりと なすと ごぼうの苗を沢山分けて下さいました。

 

近所のおばあちゃま

「一人暮らしだもんで、ずっと、外に出られんかったんよ、やっと

 花の手入れが出来る。夜が近づくとな、こわくてこわくて、

 しょうもなかった」と。

 

ほどける心が 町を飛び交ったような 瞬間でした。

 

人が 安心して、心を通わせること。

緑はこんなにまぶしかったんだなぁ、と思います。


 

 

 

 

 

 

 

 

尾道  c.0  t.0
受刑者逃走中の向島北部の思い

DSC_1281.JPG
受刑者の脱走の影響で
今回のおのみちわらべの会は大人だけにしました。

7人で 時間が足りないほど 様々な角度で
わらべうた談義に花を咲かせました。

 

♪猫が呉服屋に足袋買いござる
足袋は何文なんの色
にゃにゃもん半の ねずみいろ♪

可愛いわらべうたも皆で覚え 輪になり遊びました。


受刑者脱走から一週間がたとうとしています。
被害が我が家周辺に多発していて
正直 毎日どこかで緊張していますから
体がしんどくなってきました。

 

逃げるために生きる生命力?逃げることが目的の魂?

考えさせられます。

受刑者も睡眠を何処かでとっているのでしょうか。

 

人の温もりは温もりによって育てられるー

そんなわらべうたに取り組みながら、

全ての魂の安らぎに意識を向け、複雑な想いです。

 

朝9時から夕方まで毎日ヘリコプターの音をきき、

マスメディアからの新情報もこまめに確認。


今度はあのあたりで洗濯物が盗まれたよ

畑を貸して下さっている方の家で携帯盗まれた!?

切迫した近所からの情報も追いながら 用心し、ヘトヘトです。

(あ、一応アナウンサーの端くれとして・・

「むかいしま」の読み方は平板なんですけど。。

中高の方が多くて、妙に気持ち悪い、と現地人言ってます。

好きにいろいろ言われていますが、

この島、そんなに田舎かねぇ・・・と思う(笑))

 

島のおじいさんが一斉に草刈り機発動させて

島民一斉 シティクリーニングしたら

手伝わざるを得なくてあぶりだされてくるのではないかしら〜

これだけ迷惑かけたのだから 綺麗に掃除していってね。

学校は保護者付添い送り迎えに加え、急遽登校班編成になり、
部活も停止または縮小で練習出来ない、走り込み出来ない、
中学生も困っています。

子育て支援センターも休止 子育てサロンもお休み
外から子連れで向島へ入りたくない気持ちも無理はないです。


通勤ラッシュ時に島を出る検問渋滞は、当初3時間〜2時間。

(現在は少し緩和)

島に住む全ての人に多大な迷惑がかかっています。

今日は前川喜平氏が向島にいらして講演。

『誰か会いたい人がいるなら会わせてから戻れば』と、

逃走受刑者の心情にも寄り添いつつ話されましたが

住民側も 当初 恐怖から始まり、

次第に 迷惑千万!の怒りに変わり
挙句の果て、

ごはんどうしとるんか、という
お節介な心配と、何故?どうにかして
しんどさに寄り添えないものかという

会話にまで発展します。

近所のドラッグストアで店員さんとあいさつを交わして

買い物までしていたという情報。暮らしてるんかい。

しかし、実際身近に被害が多発すると
気が抜けないまま眠りも浅く
本当に気持ちやの負担は大きくてしんどい。


早く出頭して欲しいです。

息子や息子のクラスの大勢が熱を出し、今日は工房お休みに。

みんな疲れています。。。

さぁ、工房も、家も、島も

かき回されるだけかき回されたら、一掃!浄化して、

風を入れ替えていこう。

尾道  c.0  t.0
憧れの食材!?
1441973899602.jpg
ここにも星形を見つけた!

  植物の造形にひそむ
    星形をみつけるのが好きです

尾道/御調産の 酵素たっぷり青パパイヤ。

なかなか日常的にはお目にかかれず、
一度、調理してみたい憧れの食材でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は
わらべうたで御調にお邪魔いたしまして、
御調に育つ自由人たち―
のびのび、きらきらしたの瞳の
小さな人々とふれあってきました。

安心感にあふれていた場所。
きっと日頃からの
この場所でのつながり、時間
人とのふれ合いの時間の積み重ねの賜物が
この、のびのびなんだろうな。

そんな場所へおよびいただいたことへの
感謝と幸せに浸りながら
大好きなまるみデパートでごはん。

メニューの中に
青パパイヤを使ったカレーが!
御調でパパイヤ!?

ーすると
道の駅にも青パパイヤがごろんごろん。

なんでも
御調に、『熱帯植物研究センター』
なる場所ができたそうです。

深刻な地球温暖化、気候変動とともに、
植物も生きやすい場所へ…北上?
育てたい人との相思相愛?

複雑ながら、おうちでも
憧れの青パパイヤを地産地消で
有難くいただいた今週でした。
サラダに炒め物、カレー・・・青パパイヤ祭り。


次回の
おのみちわらべの会は
10月7日水曜日 
こころを予定しております。

ごめんなさい!!!
10月14日(水) 10時半〜 
尾道市民センター むかいしま こころ に
変更になりました。



御調にも届けにいきました
秋のわらべうたでみんなと遊びたいです。
♪まいまいどんぐり 目がもーた、めーがもーた めがもーた。♪
 
1441978286843.jpg
去年の今頃のお写真ですが
大好きな まるみデパートさん

大正時代のお医者さんの建物が長年そのままに
なっていて、東京から故郷に戻っていらしたご夫婦で
ゆっくり素敵に生まれ変わらせたのだそう。

大正時代の粋とご夫妻の粋が絶妙に手をつないでいる空間は
アロマやパンの香りで幸せに満たされていて 
御調にいくと必ず立寄ってしまいます。
尾道  c.0  t.0
粋な先輩!
1425308120444.jpg
お雛様イブの今日は お着物で…と、

高貴な濃紫の年代物のお着物を
ところどころに手作りの隠しアレンジをきかせながら
さらりと着こなしてお迎えくださったのはB&B潮風さん。
おもてなしは、お雛様の間に、御母様がもうけてくださったお煎茶の茶席。

お母様も粋そのもののお人柄で、私も私の妹一家もすっかり大ファン。
私も…大人の粋な女性に近づきたいものです。

この場所には、いつでも、尾道の、
そして尾道をこよなく愛する文化人が自然に集まってきている。

でも、気後れさせないようなフランクな言葉をさらっとかけてくださり、
だらだらしすぎず、お開き。時間の使い方もまさに粋そのもの。


今日は午後から 工房を抜け出して
『尾道少女』続編の記念作品鑑賞会に出席いたしました。


ぬのえ、でもおなじみ、http://nunoe.exblog.jp/
お母さまと写真家の息子さんのコラボレーション。

どんな微かなひかりでもそっとつかまえて
作品にひかりと色の命を宿すような、写真たち。

ぼおっとしてしまい、お写真ございませんので、こちらへ。
http://onomitibi.exblog.jp/21600354/
乙女のひとり旅もこちらへ!大切な友人や家族をいつも紹介するお宿です。
尾道  c.0  t.0
わたしぶねで、ちいさな旅
1424648813589.jpg
私の住む島からわたしぶねに乗って
-- 北へ行くと、尾道のまちなか。
-- 東へ向かう船に乗れば 浦崎〜靹の浦方面へ。

渡し船は誰かひとりでも乗れば出発。時刻表なんてない。

今日も私おひとりさまのために、対岸の町へ出航してくれた。

船頭のおじさんが明るくて
『今日は久しぶりにぬくいで、ええねぇ』
『あっこに、浮いとるんは、上海からきた船よ』
なんて、のどかな会話にここに住む幸せを感じながら
毎度、短い船旅で景色を満喫しました。
これが、何度乗っても飽きない。

1424649917762.jpg

今日は波が穏やかで
春の光が海に立ちこめていて
安心感に包まれながら

向かった先は、友人の家。そして絵を描く場所。(書き途中です)
 
尾道  c.0  t.0
海ぞいの食堂
SA3A0039.jpg
立花食堂

映画のワンシーンに入り込んだような
感覚でした

ここで
窓の外の海を感じながら
ゆっくり
丁寧な味のごはんをいただいてきました



船がゆっくり通りすぎます


火曜日がお休みみたいです

SA3A0042.jpg
尾道  c.0  t.0
あんたがたどこさ〜くまもと食べ物編。
「せんばやま」は熊本の船場地区ではなく?・・・
せんばやま、は埼玉にもあって
「たぬき」徳川家康公だという説もあるそうですが?

わらべうたというものが
 誰がうたいはじめたか定かではない
”自然発生”だからこそのミステリーですね

春先にわらべうた伝道者の柚山さんから
あんたがたどこさの
最後の「それ」をこのはで・・・・の
「それ」ってなんでしょう?というお話をききました。
なんだと思いますか?



とにかく、「あんたがたどこさ」?の
熊本へ行ってまいりました。




***************

なんと雄大。

こどもたちは
見渡す限りの草原をひたすら走り回りつづけていました。

久住高原あたり

ひろいひろい。ひたすら広い。

おいしいおいしい。ひたすら美味しい。

たかなめし
たかなめし 熊本ラーメン  馬刺し
 
いちばんおいしかったのは 
たまたま入った手打ちうどんやさんの
南関あげ入りのおうどん。

熊本産の小麦粉 手打ち麺で
ひらべったくて分厚くて、もっちり。

食道楽なわたくし、泊まったお宿のおじさんに
おすすめの美味しいお店もうかがいまして

「薬草園」というところへ行きました。

続きは次回。

・・・
そうそう、「それ」ですが。

「煮てさ、焼いてさ、食ってさ」

そうしたら何が残るのでしょうか??



「骨」
なんだそうです。
だから
「骨」をこの葉でちょいとかぶせ(隠せ)
と、歌うのが正解なのだそうです。

命に感謝を込めて、
ごちそうさまでした!!


 
尾道  c.0  t.0
U2 モーニング から 名おうちカフェへ


駅近くの古い倉庫を改装した、話題の
U2で
モーニング!

この前、わらべの会のあと、
たまたまちょっと残っていた仲間と

ランチじゃなくて、
たまには モーニング会って どう?
と、

行ってみましたら

なんと清々しい!!


ホントはもっともっと誰よりも早くいって、
数時間、優雅に珈琲飲んで
本読みながら過ごして
待っていたかったんですが

大量の洗濯物に追われ、6名中5番目の到着(笑)

9時から10時の小一時間モーニングを満喫してきました

(10時においだされます♪
でも、海を見ながら外のデッキで がめつくおしゃべり会)




やきたてパン ひとり5こ
新鮮でおしゃれな サラダ 
ビーツやヤングコーンなんかもさりげなく添えられて。
おのみちのフレッシュ柑橘生絞りジュース
おのみち果実の手作りジャム

ひとつひとつ丁寧で おいしかったよ。

U2でセレクションされている食べ物やお土産物は
添加物にも気を使った、本物志向。

おのみちのものを生かしながら
世界のいろんな食材と上手に 肩を並べて 
綺麗に売ってありました へぇー。


しまなみ海道のサイクリストさんたち
こんな至れりつくせりの施設があったら
旅の幸せ度UPですね



********************

さて。
お昼からは U2の焼き立てパンを抱えて
尾道界隈で 美味しいカフェめし達人として名高い★Eちゃんのあたらしいおうちへ

きっと おうちがEちゃんを選んだんだ、と思ってしまうほど
タイミングよく、譲り受けて
古いおうちの良さや大切に残したいところを生かしながら
感動的に美しくリノベーションしていました。

久々に お写真いい?ブログブログ!と カメラを起動してしまいました



明るいリビングの真ん中に
大きなキッチンがあって
やっぱり いつものように
がしがしと 美味しいものを 大なべで作って
気持ちよくふるまってくださる姿。




デザートに
尾道のレモンたっぷりのシフォンに
水切りヨーグルトのクリーム
仕上げの美しい粉砂糖の ひと手間ふた手間の ココロに
胸ときめいて、幸せいただいてきました。

ありがとう、ごちそうさまでした



さらり、
美味しいごはんをつくってみんなに幸せ配るひと、
私の憧れです


 
尾道  c.0  t.0
尾道発の・・・ヒーロー
おととい、洋らんセンターで 
子育てサロンの
ちいさいみんなとわらべうたをして
芝生でごろーん、と癒されつつ


洋らんセンター内の pacupacuさん 
江頭さんの絶品レモンカレーを食していましたら


れいこう堂の信恵さんを主人公にした映画、完成してるよーー、と
映画監督のトシさんが 丁度いらしていて、
ポスターを見せてくださいました。


わー。

”スーパーローカルヒーロー” !!

5月31日〜シネマ尾道で公開されるそうです。

そして
6月1日&6月8日 (日曜日) の朝の上映は
小さいお子さんも一緒に映画館に入れる
嬉しい設定をしてくださるそうです。
(こんな配慮も信恵さんの映画らしい・・)

さっそく前売り券を買わせていただきました。





震災後、何人もの おともだちママさんと
こんな話をしました

信恵さん
自分は食べれているの?
倒れちゃわないかなぁ〜心配だ

私たちには・・・・何ができるのかな

信恵さんみたいに動けなくて苦しいなぁ

信恵さんにはなれないよー

でもさ、
信恵さんを支える一人になれば・・・

子育てしながら
なにか信恵さんの想いや行動を拾えれば・・・


―のぶえさんの後姿を見ながら
感動したり 自らの方向を考えたり、
ときに 背中を追って出来る限り動いたり
自分なりの角度で動き始めたり。

わたしたちも そんなでした。

今起こっていること、今すべきことを まっすぐにとらえる曇りのない目。

尾道に移住してこられたママさんに至っては
”のぶえさん、颯のように現れて 借りたウチの玄関前と庭の
草むしりをしにきてくれた・・・”
”引っ越し作業全般 動いてくださって・・・
 お礼なんてもらったらバチが当たる、って帰ってしまった”
などなど 逸話は数限りなく。
感謝という言葉を軽く超えてしまうほど、そう、超越した存在。



一体信恵さんって・・・

以下、すみません、
この映画のサイトから引用させていただきます
もっと詳しいことは 以下に書いてあります facebookその他
何より映画にて。


*********************************************

*********************************************


映画「スーパーローカルヒーロー」

広島県尾道にある伝説のレコード店であり、ギャラリーやフリー・スペースを併設、グッドセンスなセレクトで唯一無二の輝きを放っているセレクト・ショップ『れいこう堂』の店主、信恵勝彦氏。数々の国内外のアーティストを私財をなげうって、招聘しライブイベントを主催。音楽に対する底知れぬ情熱と行動力、その人柄で全国のミュージシャンから愛される信恵氏と、彼に関わる人々を記録した長編ドキュメンタリー映画。
3.11後、避難者の支援などに奔走する信恵氏の日々の活動を追いかけながら、彼をよく知るミュージシャンや尾道に住む人々が、彼が「ローカルヒーロー」である由縁をひも解いていく。

5月31日(土)より「シネマ尾道」にて公開。その他全国単館系映画館にて順次公開予定。

監督:田中トシノリ
出演:EGO-WRAPPIN'、二階堂和美、モアリズム、オーサカ=モノレール、畠山美由紀、アン・サリー、小池龍平、ハンバートハンバート、Chocolat&Akito、高鈴など
音楽:青柳拓次

準備サイト http://reikodo-film.jimdo.com
公式Facebook https://www.facebook.com/superlocalhero
公式Twitter @s_localhero

 

尾道  c.0  t.0
| 1/5 | >>