yu+ru+ri 尾道便り。尾道水道にほど近い
彫金工房から
暮らしの徒然ごとを。

CALENDAR  RECOMMEND  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK
CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS
嬉しいお知らせ

おひがんみゃーりに いこみゃーか〜♪

すっかり秋ですね。


我が家の小さなたんぼ、
気象変動にも負けず 稲穂のこうべが垂れ始めました。

今年は ほんとうに雨が多く 一度も水の心配はしませんでしたが
異常気象もまた心配です。



おばあちゃんちでくりひろい

くりごはん、食べたさに一生懸命

秋のお彼岸は毎年 豊かな自然の恵みを肌で感じる日です。



さてさて、
前回の桜の季節から こうして 季節は巡り・・・

奇跡のようなお知らせがあります!

四辻藍美さんのアイヌ刺繍ワークショップ
アンコールで再び 千葉の南房総から尾道へお越しくださいます。

のんびりと尾道を満喫しにいらっしゃる藍美さんですが

今回は 前回より小ぶりの 背守りにもなる
アップリケをお教えいただけることになりました。

少し古びた布の方がよいので、藍美さんがすべて
材料をお持ちくださいます。
チャコペンとハサミはお持ちください。

2014年10月23日(木)
14時〜17時
向島キリスト教会(前回のB&B潮風さんのすぐそばです)

会費3000円(材料費、会場費含みます)
定員7名

大好評満員御礼でにぎやかだった前回より定員が減ります。
お一人お一人と丁寧に向き合いたい、
そんな藍美さんと アイヌ刺繍のこころを感じるひとときを
過ごしませんか。

(10/9 定員となりました)

 
大好きなひと  c.0  t.0
幸せなコトコト。
140117_1643~01.jpg
先月のこと
寒空の中
立ち寄った
同じ島のSちゃんの
おうちのストーブで
ことこと湯煎にかけていたのは
みつろう。

すこしずつ
すこしずつ
育てていくような
ろうそくづくり

ひたしてはぶら下げて待って…
じんわり幸せなてしごとだなぁと思ったよ
140117_1659~01.jpg
今年の冬のほかほかの記憶になりました。


 
大好きなひと  c.0  t.0
ちいさなエンガワのお店
131007_1007~01.jpg
友人の期間限定のお店へ
足を運んで参りました

あたたかく暮らしを包み込む品々が
一品ずつ大切に並んでいます
131007_1008~02.jpg131007_1008~01.jpg
時間をかけて紡いできた人の繋がりや
尊い手仕事の心を本当大切にしている
彼女の姿勢にはいつも教わることばかり。


てくてくと
お散歩がてらいかがでしょう

くわしくはhttp://kurashine.blog.fc2.com/




大好きなひと  c.0  t.0
7/21 世界のお産から考える IN 尾道

この度、嬉しい友人との再会・ご縁があり、
地域や市からのご協力もいただきながら
このような企画をさせていただきました。

あきこさんを中心に
心の輪ができる アットホームな 会になるといいな。
人数に限りがありますから お早目にご予約ください。

**************


からだの
をたどっていくと!  

知っておきたい ひと繋がりのいのちのこと

世界のお産から考える

2013年7月21日(日)15時半〜17時(15時開場)

尾道市民センターむかいしま こころ 2階和室にて

 

命をつないでいく女性たちにとって 知っておきたい大切なことや、大事にしたいこと

米国ヒュストン在住のあきこさんが“いのちの話”を尾道にけてくださいます。


講師:バースエドゥケーター・ドゥーラ
木村章鼓(きむらあきこ)さん

象:お産、からだ、命をつなぐことに興味のある方…どなたでも。
ご家族でもぜひ。
お産・赤ちゃん・いのちの教育などにわるお仕事をされている方。

 

費:200円(資料代・お茶&お菓子代)

定員:30名程度 

 

 
あきこさんからのメッセージ

世界の子産み子育ての大状況の報告を通して、少しでも日本の現状を知り、その流れのなかで、今のご自分の立ち位置が見えてくる機会となれば幸いです。

ドゥーラ・・・もともとギリシャ語で、助ける人(女性)、を意味する。医療行為は行わないが、基本的な出産サポート訓練を受けている分娩付添人。

 



☆プロフィール☆ 

ドゥーラ(Scottish Doula Network)・バースエドゥケーター(Scottish Birth Teachers Association
エジンバラ大学大学院 医療人類学(Medical Anthropology)修士号取得
イタリア、オマーン、マレーシア、UK、ロシアと移り住み、現在、アメリカのテキサス州ヒューストンにて、ドゥーラの仲間たちとナチュラルバースについての勉強会(Houston Birth Alternatives )を開く
日本人の家族連れを対象にした子産み子育てサロン子らくだの会(乳幼児)、らくだの会(キッズ)も不定期開催、これまでの訪れた国、約60カ国、世界のお産事情に関心を寄せる二児の母。毎日新聞インタラクティブでの連載などを経て、現在は子育てサイト‘ママチョイス’にて『わたしはドゥーラ』を連載中。また、“ペリネイタルケア”(メディカ出版刊行の医学系雑誌)に『ドゥーラからの国際便』を連載中。「食とお産」というテーマで執筆した折には「放射能汚染で不安を抱えている全国のおかあさんたちに、きちんとした食と健康についての情報を伝えられる人材は助産師なのではないか、と提唱。

 

主催 木村章鼓さんのいのちのお話をきく実行委員会 

共催 向東地区家庭教育支援チーム「親ぢから」  

お申し込み/問合せ  定員にて締め切らせていただきました
          

※7月14日までにお名前・人数・連絡先をお伝えの上、
ご予約ください。(ご家族でのご参加は300円です)


大好きなひと  c.0  t.0
嘘とミシン
130318_1945~01.jpg
娘と息子の部屋に[fanfanガーランド]をつけました

右がforガールズ
左がforボーイズ

130318_1944~01.jpg
この作品は
札幌の親友、
「嘘とミシン」さんのもの。
http://usotomishin.jugem.jp/

昔から
彼女の手からうみだされるものたちにはものがたりがあって
異次元へ連れて行ってくれる夢の玉手箱みたいなのです。

作家デビューする前から
彼女の生き方からにじみ出るセンスが織り成す世界の大ファンの私。
彼女がとても心をこめて一つ一つの素材を選ぶことを知っているから
なおさら。

ミンネ というサイトでお買い物できるようになりました。
http://minne.com/usotomishin

130318_1948~01.jpg



北海道は一年の半分弱が雪の世界
真っ白一色に染まる外の景色
おうちにこもって 心の奥行きを深めながら作る北の手仕事。

北海道の空気の中でクラフトの世界を教えていただいたことは
とても幸せなことでした。

春の喜び 夏の輝き 秋色の装い
めりはりある四季の中で 感じる四季の喜びは
とても大きくて 
冬の間に深めた表現は自由に弾ける


大好きなひと  c.0  t.0
輪になって


尾道から友人Sちゃんたちが トランスパレントスターのワークショップで参加します。

そして、わらべうたで母の祈りの輪を作るひとときも。

大好きなひと  c.0  t.0
パステル
130131_1103~01.jpg
鎮守の杜の奥に『暮らし音』というワークショップをはじめてくれた
さちさんのおうちがあります


130131_1104~01.jpg

130130_1033~01.jpg
可愛らしい、くちなしの実



アトリエ ルピナスさんの技法による

パステル画を教えていただきました。

同じ色を使って 同じように描くのですが
みーんな全然違っていて、みーんないい感じ。
大好きなひと  c.0  t.0
北国からの使者
 
ほんの風花程度に はらはらと、ですが
尾道にも雪が舞い降りました。




そうそう、今日はどうしたんだろ、やけに寒いね、と思えば

「今、尾道にいるんだけど」
と、北海道時代の会社の同僚から 急な電話。
おまえかーーーー!!寒い空気運んできたのは〜、と、

すぐに尾道駅前まで駆けつけて 7−8年ぶりに 再会。

もう夕方でしたが、しまなみ海道プチドライブと、
わたしぶね体験をしていただきました。
110110_1046~01.jpg

090429_1834~02.jpg
やっぱり、渡船って ものすっごいびっくりされるんだぁ!

「ええーーー?車のまま乗るんだ!」と、
ご家族みなさん 車の外に出て 3分の船旅と夕暮れの尾道水道を
楽しまれていました。



一緒に仕事をしていた20代の頃から 
年齢ワープしちゃってますが、ボロ隠しの時間猶予なく再会。。。

「おおーーー変わってないね」
とびっくりされたのは 私がもともと老け顔だからか。

彼も、すっかりお偉いディレクターさんになっちゃってるんかと
思ったら、ほんとうに昔のまんま、
いえ、さまざまな経験が人柄の厚みを増して
もっともっと話しやすくなっていました。

とても仲の良かった会社同期の仲間たち。懐かしい。

時が人を丸くする、
今だから、ちょっと離れているから 話せる核心のことって
きっとたくさんあるよね、と思いました。

旧友に会うって いいもんだなぁ。


瀬戸内に住めば、瀬戸内の魚が一番からだに合ってくるもので
北海道の味覚から 遠ざかっていたのですが、

M尾ジンギスカン、とか Sい恋人とか ほっけとか、石狩鍋とか・・・

久しぶりにいただいたお土産で 秘かに”北海道恋しいパーティ”を
勝手に近隣の友人巻き込んで 料理作りまくってしまった先週末。

130126_1310~01.jpg



やっぱり北海道 ブラボー。

夏になったら 涼しい北海道にいって、
また 大通公園のビヤガーデンで ビール飲みたいなぁ。


大好きなひと  c.0  t.0
お母ちゃんにできること
121115_1022~01.jpg
いきいき産直さんのカタログに入っていました

わらべうたを教えてください、と尾道にいらしてくださり
交流が生まれた三次のマキさん。

広島ではわらべうたで母の平和の輪を指揮されました。

マキさんのお人柄の周りには、楽しく人が集まってくる感じです。

海外での体験のお話や
早い段階から大学にかけあっての給食の放射能測定
「三次のお母さんたちとね、リンゴペクチンを
みんなで煮てみたの〜」
などなど、いつでも今すべき旬の行動をぱぱぱ、と
しかも笑顔でされるのが印象的で

最近はあちらこちらで講演されているそう。

いいないいな、マキさんの輪。もっと聞きたいな、彼女のお話
・・と常日頃思っています。

心にすっと入るお話が聴けそう

私は幼稚園関係行事で行かれないのですが
全てのお母ちゃんに!

今週末17日土曜日 14時から
福山市市民参画センター四階会議室
参加費500円
事前申し込み不要
会場内キッズコーナーあり

主催 みどり福山
大好きなひと  c.0  t.0
お花を飾るワークショップ
120821_1651~01.jpg
こどもたち主役の夏休み
唯一
こどもたちに付き合ってもらって私が…
設えていただいた時間に身を委ねてきました

お友だちの
ことまりさん が
夏休み親子で楽しむお花のワークショップをしてくださいました

お花仕入れるのに命かけてるから!

とのお言葉通り 心を込めて選んで下さった花々

ご自身の研鑽を通して
お子さんはもちろん
人間のココロを受け止める
そんな大きな彼女の器の中で
生ける花は参加者みんなの個性が光りに光り 楽しかった

花を生ける その深い行為は
心が整ってないと、かな
いえ
生けながら花に心を整えてもらうかな

生き生きとした
可愛いい花たちに
「失礼しまぁす」と
生けさせていただきました

写真撮ってみると 鳥みたいにも?
さあおいでーーー
包容力ある母の姿だといいかな


りふらさん
普段も福山・のほほん村などで
ワークショップ開かれています


120821_1652~01.jpg



り・ふ・ら さん
花セラピーのワークショップ なども されています
http://ameblo.jp/rifura-kotomari/


大好きなひと  c.0  t.0
| 1/2 | >>