yu+ru+ri 尾道便り。尾道水道にほど近い
彫金工房から
暮らしの徒然ごとを。

CALENDAR  RECOMMEND  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK
CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS
小さな研究会の実現

それぞれの学びを持ち寄って


わらべうたを伝承したい人々の
勉強会をはじめました。

 1497697019520.jpg



三人寄れば文殊の知恵!
いや六人集まれた(*^^*)

あ、

お腹のあかちゃん入れて七人!

 

うたに添える
言葉や所作一つで
受けとる
世界が広がることを。

 

受け取ってくれる相手がいるからこそ

生まれる反応や対話の始まりがあることを


実感したり

 

1497697045452.jpg
                  自由にことばが使えて
                  見、聴き、話し合える…
                  そんな世界でありますように

 

 

うたと知恵と思いを交換できる
出会いが有り難いです。

次回の会が決まりました。
大人の勉強会を
9月8日金曜日に開いてから

 

10月に 

秋のおのみちわらべの親子の会を開くことにします。

 

新生わらべの会は 尾道市内や三原から

わらべうたを大切に思って伝承していきたい皆様の心が集まって

パワーアップしていくと思います。

1496990871947.jpg

秋までも 市内あちらこちら 小さな輪に

お呼びいただいて わらべうた遊びをご一緒します。

 

こんな風に輪になって話したり

うたを遊びあったりしているうちに

 

おのみちわらべの仲間から伝わる一曲ずつに

より色々な人の心が宿ったようで

有難く嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 


 

-  c.0  t.0
外へうたを運ぶ

1495079648146.jpg
波波我んわちゃくり

沖縄のやわらかな
わらべうた。



ひとあし先に
夏に向かう陽射しを感じて
先週のおのみちわらべの会と
今日の生口島での会で
うたいました。


自家製のなつみ、という柑橘を
そのまま絞ったジュースをいただきました。

これがもう、乾いたのどに 爽やか!

美味しかったです。


1495079973251.jpg
蛇口からは、飲み放題のレモン水!!

瀬戸内の夏は爽やか。


:::::::::::::::::::::::::
これから夏、有難くも、

お呼びいただいている会が いくつか。


喜んでわらべうた運びに 伺います。
 


☆次回のおのみちわらべ(どなたでもどうぞの会)

○大人のわらべうた勉強会 (知っているわらべうたの交換会)
6月9日金 10時半〜

○親子の会
9月8日金 10時半〜

何れも むかいしまこころ和室です。

 

::::::::::::::::::::

 

いろんなクラゲがぷかぷかしていた。

1495087461776.jpg
   裸足で歩きました。

1495087524644.jpg

                                        いつも ありがとう!

-  c.0  t.0
素案、提案


スプーン作り、
楽しんでもらえるかなぁ

 

板を切り出すところまでは

こちらで準備します。

ここまでが 実は まずまずの作業量なのですが・・・

 

 

5月14日、小さなスプーン作り体験のスタートは

このような状態から!!


1494398196210.jpg

 

用途ごとに 様々なかたち。

 

一番 気軽に体験できるかたちが


クラッカーにのせるときに
ジャムがスプーンに残らず、
しっかり塗れるもの

ゆず胡椒や少々のスパイスも。

 

そして、少し頑張りたい方には
母の日がテーマの一日なので
やっぱり最初の愛の一匙を思わせるミニスプーンの型も
準備してみました。 

1494397049975.jpg

 

ヨーグルトで 使い比べ。

いい湯だな…1494407508943.jpg

 

準備は…

1494397628504.jpg

板をローラーで伸ばしたりしてから

切り出します。

 

せっせ、せっせ。

 

頭が飽きてきて。

昨日は、

魚みたいなのとか、

ピーベリーの珈琲豆くっつけた くねくねのとか、


1494397583472.jpg
変てこなスプーンを
衝動的に作ったりしながら
私も楽しんで準備をしています。

 

・・・脱線脱線。

 

※他にいくつか、生徒さんが今までに自由な感性で作った

面白いスプーンも展示します。
 

日曜日は晴れるみたい!
はらっぱ日和だね。

原案、ひらめけば、まだ増えるかも。

好きな鎚目、つけてもらいます。

 

空に向かって
手の奏でるもの作りの音が
どんな風に響くか楽しみです。


fika


1494408060585.jpg

atelier fika  c.0  t.0
庭の檸檬

1493564863980.jpg
檸檬の花が咲きそうだ。
希望のつぼみ。

1493564921092.jpg

-  c.0  t.0
うみのめぐみ

1493332064188.jpg
朝から
家のそばの若布を
干したりしてます。

原始人のぱんつみたいだなぁ、
といつも思う。

1493418643529.jpg
一日干したら ぱりぱり。

先週は 竹原の生徒さんが
たけのこを煮てお持ちくださったので
物々交換。

今日は 山!?にすむ
友人のところ
海の幸を持参する。

 

干して おすそ分けてなくなり、また干して。

ありがたき天産天消。

1493418943026.jpg

-  c.0  t.0
スプーン作りのワークショップ


小さなスプーン作りのワークショップをしてみる決心をしました。
のろのろ fikaが、何年ごしだろう(笑)やっとやっとで!!


素敵な素敵なアートクラフトマーケットに

出展させていただけることになりました。

2017年5月14日 母の日。
会場は 

向島の洋らんセンター。
心地よい風が通る
日頃から愛している場所で。
主催する方の想いに惹かれて。

生徒さんが試しに作ってみてくれたのですが

 

うんうん、楽しい。
母の日だし1492656757328.jpg
母の愛のひとつの原点ということで、


離乳食サイズで オリジナルデザインを考えてみました。

〜食に+αの愉しみを〜 ちいさなスプーンづくり


ジャムやスパイス、山葵や生姜、お塩など
食卓にちょこんと添えるスプーンを提案します。

鎚目をつけて
刻印を打って
かたちを整える

20分くらいで出来る
ワークショップを目指してます。


工房の生徒さんが主催しているマーケットという

嬉しいご縁もあり、 

わくわくと、特別にがんばってみています♪♪


1492657414986.jpg
基本的な形は
瓶の底に沿うように考えて
あとは長い短いの細いの…
選んでもらえれば、
と思います。

fika はじめて
外の世界へ。

 

 

今、糸鋸でせっせと切り出していますが、

幾つ準備できるかなぁ。

楽しんでいただけたら
嬉しいです。

まずは第一報まで。

はらっぱマーケット
また、続報をお届けします。


うー
どきどきする。

よろしくお願いいたします。

5/14は
はらっぱマーケットへ。

1492657708731.jpg

atelier fika  c.0  t.0
はるのめぐみ

1491869300808.jpg
尾道 さくらの花盛り

島を一周しながらお花見しよう♪って、
家族で自転車をこいで。 4時間こいで。

 

 レンギョウの道。1491873255650.jpg

 

1491873300541.jpg

                  はるのうみべ


ひとまわりしたけど。

なーんだ。

小さい頃から馴染みの近所の公園の
さくらのトンネルに戻った。

 

もうすぐ公園は工事が入るみたいですが。

1491869660390.jpg
雨に花冷え、木の芽時。
こころも からだも 定まりにくいね

 

家でも工房でもそんな話になる。

しょせん人間
生きてればごみはもらうし 垢は出るし。
点検しながら
有り難い雨に洗い流されて
光の結界を結んで旅立とう。

 

大地の恵み、足元にヒントが・・・

 

春の友だち。野草3兄弟。

よもぎにハコベに からすのえんどう。

この時期、1491872339463.jpg

やっぱり助けてくれるのは
野草だ!
ありがたやありがたや。

醤油あらいのカラスノエンドウのおひたし
ご飯のおともの土筆や
よもぎだんごー

美味しく命をいただいてます。

 

よもぎ団子作りは 毎年、すっかり息子の仕事。
”お母さんが風邪ひいたら
よもぎだんごたべさしてあげるよ!

そしたら元気になるよ。はるのにおいがするよ”

小さい頃から、蓬が大好きらしい。

 



野草みたいにありたい。

私はあなたを利用するために存在するんじゃない。
生かすためにここにいます。

あなたが 私によって
より輝けるならば 嬉しい。
 

 


さ、また糸鋸作業に戻ろう。

-  c.0  t.0
イサム・ノグチさん

ここだ。

原点に、引き戻してくれる場所

 

16−17年ぶりに

香川県牟礼町のイサムノグチ庭園美術館へ。

 

息子が平山郁夫美術館さんから招待して戴いた旅で

セレクトされた場所。

 

何と、彫金の師匠と訪ねたこの地へ

今度は こどもに導いてもらって訪れる時がこようとは。

 

 

人と自然が一緒であること

 

平和のために作品をつくること

 

そんな風に

イサムノグチさんが遺して下さった

未来へのおくりもの

 

ー子どもたちは

庭園美術館の丘の上で

「ヤッホー」!!と、平和を叫びながら

しっかり受け取っていました。

(後で知ったこと、そこは彼が眠る大きな墓石の丘でした)

 

まっすぐで純粋な感性でこの場所を受け止める存在と

一緒に来られたことで新たな発見もあり、

懐かしき札幌のモエレ沼公園や

大通公園のブラックスライドマントラにも

たまらなく会いに行きたくなりました。

 

1490602628612.jpg

 

北海道で勤めていた会社が

イサム・ノグチの精神を受け取ろうと、伝えようと、

丁寧に企画をしていたこともあり、

濃く、身近に 彼からの影響を受けていた私。

時を超えて、再び メッセージを受け止めました。

 

それは 当時よりも 鮮明なメッセージ。

 

17年の時を超えて生まれた子どもの感性を通して

感謝の気持ちを新たにした旅となりました。

 

折しも少し弱まっていた自分の真ん中と

再び繋がり、勇気づけてくれたのでした。

 

 

香川のイサムノグチ庭園美術館は火・木・土の

10時ー13時―15時の一日三回限定で公開

入館は往復はがきでの予約制になっています。

 

               讃岐五色台からの夕景・瀬戸大橋

                ↑ここの休暇村がまた絶景!!

 

 

 

-  c.0  t.0
人の意図にながされない

1490285643390.jpg
小さな宇宙の粒。

しっくりくる安心感。
絶対的にこっちなのだから 

 

 

全てに支えられている感謝がそこにあることは確か。

              1490366361900.jpg

変換のフィルターがかかった
人づたいの言葉に違和感を感じたら

それに傷ついている人がいたならば

惑わされないで、と伝えたい。

 

大丈夫だから、

中心が繋がる存在とは出会えるから。

違うふりして、すぐそこにいるかもしれないし。

 

目が合った。
1490328314764.jpg

            こっちこっち。

 

ここから光があふれだす。

安心して歌がこぼれだす。


何といっても春の始まり。1490366443066.jpg

 

-  c.0  t.0
立春〜4月のfika

1489970198391.jpg

                                                  

真東からお日さまがのぼる日だよ!


と、外で朝ごはんにしました。

同じものでも
外の空気がごちそうになって
ごはんも 珈琲も 10倍は美味しい。

 

もぐもぐかみしめて 味わう。

1489970459417.jpg
息子の定位置は この桑の木。
立春の太陽に近いところへ。
 


 

++++++++++++++++

 

工房ではいろんなドラマが生まれていますが、

今月の一部・・・


1489970581562.jpg
四回にわけて
アマゾナイトのしずく型の石を
ペンダントに仕立てた生徒さん。

1489970689046.jpg
こつこつ、一つ一つのパーツを作って

ろう付けして。
1489970713052.jpg
完成!

1489999545241.jpg

     その前は、覆輪を作ってトルコ石をペンダントにされました。

     コツコツ作っていけば自分だけのお気に入りが出来ていくのですよね。

++++

 

教室内に転がっている簡単な見本をヒントにして
一回で、ワイワイ楽しく創作された皆様♪

心から作ることを愉しむ姿が本当に素敵で。

 

まぁるく切ろうとしたけど・・・

でも、結果 まんまるじゃない方が断然お洒落!

皆で大笑いしながらの時間。

1489970752543.jpg


1489970829933.jpg
銀杏のブローチはね
火のかけ方で
虹色の仕上げにしてみたらいかがでしょうかね?
一年中素敵に使えるね、と
そんな話をしながら

深い虹色に輝く仕上げにしました。

+++++++++++++

      

 ぴっかりんこなジュエリーを制作する方も。

              1489999473988.jpg
1489999499504.jpg

3月のオープン日
残りは23日木曜日です。

4月は
10日から毎週月、火、木で
オープンします。

1489970538243.jpg1489999180092.jpg

作業に余裕があれば、

すかさず珈琲タイムを楽しむfikaですが。

 

ほっと一息、こんな場所を新しく作りました。


 

atelier fika  c.0  t.0
| 1/46 | >>