yu+ru+ri 尾道便り。尾道水道にほど近い
彫金工房から
暮らしの徒然ごとを。
Atelier fika
尾道わらべうた伝承研究会 おのみちわらべ 主宰

CALENDAR  RECOMMEND  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK
CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS
タイの伝統療法の先生が福山へ

DSC_1760.JPG

タイの伝統療法の世界へ
 
施術のお部屋に入ると細胞ごと
深呼吸したくなるようなハーブの香り。
くみさんが数種類のハーブをたいてお部屋をスタンバイして下さっていました。
薬草の叡智を地球チルドレンに届けてくれながら、
時に人間の性に厳しく目を光らせる大きな母さんのよう。
 
くみさんのトークセンを一度受けさせていただいたことがあり、
本気で身体に向かってくれる真心を忘れられずにいたのです。

そのくみさんの先生、タイの先生が内臓アプローチの施術をされるとのこと。
丁度福山に伺う機会、内臓からくる持病のある私は
思い切ってお願いしてみました。

〜噂には予予、お写真もよく拝見していた、私の中のコムペット先生は、
くしゃっとした笑顔のまぁるい印象があったのですが、

施術中のコムペット先生の雰囲気は鋭敏な感覚を研ぎ澄まして
身体に全霊を寄せてくださる気迫を感じました。

言葉は通じずとも、すぐに私の弱点である内臓と首(特に左側〜背中)を
解ってくださり、アプローチが始まりました。

『痛い?痛いでしょう?』くみさんが、
心の通訳や先生への声かけをしてくださいます。
お二人のタッグで世界に他ない、こんなに心届く施術をいただけるなんて。

深い、深い手わざ、私も先生の深さに合わせて 呼吸をします。
吐いて息が身体から出るのに合わせて一ヶ所ずつ。
滞りや詰まり…コムペット先生の迷いなき内臓との対話とに身を委ねます。

ぐーっと、手がはいる。痛みの箇所をじわっと感じる。
ゆるむ。風が通り、熱を帯びる。眠くなる…。

無駄なきピンポイント、『ずばり、そこでしょう!』という箇所が次々、
各臓器、子宮へ、そしてきっと先生がすごく心配してくれた
首〜頭〜背中のトントン。

響く。しみる。奥へ 染み渡る。

更に くみさんセレクトのハーブの香りと
緊張を解すようなお茶目な掛け合い。

なんなんですか〜この人間愛は‼️
溶岩石であたためての仕上げ。

立ってごらん。と、立つとお腹がすっきり軽くて、首がよく回る。
今まで何の重苦しさを内蔵と首と背中に背負っていたのでしょう。

くみさんの叡智の結晶のハーブ蒸しの時間は細胞の入れ替わりを助けてくれるよう。

 リラックスしながらハーブテントでハーブティーは
何にも変えがたい贅沢な体への御褒美でした。

ありがたいひとときなのでした。
一晩超えてなお、私のお腹はグルル、グルル、と
先生の施術に遅ればせながらの反応継続中。

くみさん、コムペット先生
ありがとうございました🎵


 タイ伝統木槌療法
Toksen & Herbs KitoTe 木と手
福山市桜馬場町

※コムペット先生は
普段千葉の京成大久保駅近くで施術されているそうです。
(私の母校の高校がこの駅でした!懐かしくてびっくり。)
-  c.0  t.0
今日の向島 雑感。

事件や災害が隣り合わせであることを思い知らされたこと。

外で遊べないことで、頭をかすめた原発の事故のこと。

頭上に飛び続けるヘリコプターの音に沖縄を重ねた瞬間。

 

これで すべてがわかったようなことは到底言えないけれど

世界の中には 常に警戒態勢の緊張感を強いられながら

子どもたちが育っている場所があるのだということにも

気持ちを重ねるような出来事でした。

 

平和な島の 本当の平和を考えました。

光と闇の統合です。

いや、何か、少しの勇気で 闇がものすごい光に変わるような。

 

向島でそんな陰陽が統合して、私たちの心に

大きな種をまいてくれたのだから、

これを受けて進んでいけばいいと思いました。

 

不安…驚き…恐怖…の最初の1日

迷惑…怒り…疲れ…の1週間目

心配…疑問…寄り添い…の2週間目

慣れ…悟り…安堵 3週間。

 

特殊な状況におかれ 

様々な感情の学びを潜り抜けたような3週間でした。

 

全国の友人や家族から、よかったね、とラインやメールを戴いて

ご心配ありがとうございます、です。

様々な支えや声の掛け合い、助け合いに感謝です。

なんだか、私も ぼぉーっとしていて沢山フォローして頂きました。

 

鍵を開けっ放しにしがちな島でしたが、突如 防犯意識が高まりました。

 

ばったり会ったらどうする?? なんかさ、まずは話を聴きたいよね

辛かっこととか・・・あったかいもの、食べたかろう。

そんな境地にまで達した会話が日常に。

 

丁度 今、中学校の部活のお迎えに行ったときに

逮捕のニュースをききました。

 

満月に荒神さま 荒神小学校でねぇ。

尾道の龍のお導きか(笑)龍を磨くたつまさん。

 

向島の私たちも 磨かれたか。

 

学校の見守りで立って下さっていた刑務官の方と

「果てしないですね、、」と言葉を交わした直後でした。

 

刑務官の方もほっとされて 

やっと「どちらからですか」と私的な質問を投げかけましたら

三重県からだそう。

「しまなみ海道、いいところですね、今度は旅で来ますね。」と。

 

たつまくん(と、中学生たちが呼んでいた)が

脱ぎ捨てた靴が落ちていた 学校前の帰路、

 

娘と自転車を押して歩いていたら、普段お話したことのなかった

近所のお父さん、お母さんが話しかけて こられました。

 

近所のおとうさん

「あんたんとこは、お子さんがいるから、心配だったじゃろ

 わしんとこは、年寄りばっかりじゃけぇ、なんもこわいことなかったけどな。

 これからは 近所の若いもんたちと もっと交流していかにゃ、ならんな」

そういいながら、きゅうりと なすと ごぼうの苗を沢山分けて下さいました。

 

近所のおばあちゃま

「一人暮らしだもんで、ずっと、外に出られんかったんよ、やっと

 花の手入れが出来る。夜が近づくとな、こわくてこわくて、

 しょうもなかった」と。

 

ほどける心が 町を飛び交ったような 瞬間でした。

 

人が 安心して、心を通わせること。

緑はこんなにまぶしかったんだなぁ、と思います。


 

 

 

 

 

 

 

 

-  c.0  t.0
受刑者逃走中の向島北部の思い

DSC_1281.JPG
受刑者の脱走の影響で
今回のおのみちわらべの会は大人だけにしました。

7人で 時間が足りないほど 様々な角度で
わらべうた談義に花を咲かせました。

 

♪猫が呉服屋に足袋買いござる
足袋は何文なんの色
にゃにゃもん半の ねずみいろ♪

可愛いわらべうたも皆で覚え 輪になり遊びました。


受刑者脱走から一週間がたとうとしています。
被害が我が家周辺に多発していて
正直 毎日どこかで緊張していますから
体がしんどくなってきました。

 

逃げるために生きる生命力?逃げることが目的の魂?

考えさせられます。

受刑者も睡眠を何処かでとっているのでしょうか。

 

人の温もりは温もりによって育てられるー

そんなわらべうたに取り組みながら、

全ての魂の安らぎに意識を向け、複雑な想いです。

 

朝9時から夕方まで毎日ヘリコプターの音をきき、

マスメディアからの新情報もこまめに確認。


今度はあのあたりで洗濯物が盗まれたよ

畑を貸して下さっている方の家で携帯盗まれた!?

切迫した近所からの情報も追いながら 用心し、ヘトヘトです。

(あ、一応アナウンサーの端くれとして・・

「むかいしま」の読み方は平板なんですけど。。

中高の方が多くて、妙に気持ち悪い、と現地人言ってます。

好きにいろいろ言われていますが、

この島、そんなに田舎かねぇ・・・と思う(笑))

 

島のおじいさんが一斉に草刈り機発動させて

島民一斉 シティクリーニングしたら

手伝わざるを得なくてあぶりだされてくるのではないかしら〜

これだけ迷惑かけたのだから 綺麗に掃除していってね。

学校は保護者付添い送り迎えに加え、急遽登校班編成になり、
部活も停止または縮小で練習出来ない、走り込み出来ない、
中学生も困っています。

子育て支援センターも休止 子育てサロンもお休み
外から子連れで向島へ入りたくない気持ちも無理はないです。


通勤ラッシュ時に島を出る検問渋滞は、当初3時間〜2時間。

(現在は少し緩和)

島に住む全ての人に多大な迷惑がかかっています。

今日は前川喜平氏が向島にいらして講演。

『誰か会いたい人がいるなら会わせてから戻れば』と、

逃走受刑者の心情にも寄り添いつつ話されましたが

住民側も 当初 恐怖から始まり、

次第に 迷惑千万!の怒りに変わり
挙句の果て、

ごはんどうしとるんか、という
お節介な心配と、何故?どうにかして
しんどさに寄り添えないものかという

会話にまで発展します。

近所のドラッグストアで店員さんとあいさつを交わして

買い物までしていたという情報。暮らしてるんかい。

しかし、実際身近に被害が多発すると
気が抜けないまま眠りも浅く
本当に気持ちやの負担は大きくてしんどい。


早く出頭して欲しいです。

息子や息子のクラスの大勢が熱を出し、今日は工房お休みに。

みんな疲れています。。。

さぁ、工房も、家も、島も

かき回されるだけかき回されたら、一掃!浄化して、

風を入れ替えていこう。

-  c.0  t.0
知の庭 VOL2

DSC_1304.JPG
月舟苫屋さん 第二回『知の庭。』

 

気になる人の気になる本棚。
本棚を開くことは脳ミソの裸をみせる潔さがいる。

人生の節目節目の思い出本を
ピックアップしながら大切な人を想う。

さて。『私はこんな本と共にあった人間です。』
それを開くコミュニケーションは
深く豊かで心が繋がるのが速く、なんと
幸せな時間となることでしょうか。

そして、声を空気に溶かす朗読の時間。

私は矢川澄子さんの『だるまさん千字文』を。

私の勝手な提案に関わらず 出展の皆様、
声を出すことをお受けくださった。

『生きる』『生き方』『働き方』『からだの在り方』…

出展者への本と人生から滲み出る本の一節セレクションが 命の声として放たれた。

一人一人の人生の輪郭が浮かび上がった。

月舟苫屋さんの佇まいとの融合、
まりこさんの生のアート よしえちゃんのご飯が
命の営み 命の歩みとしっかり手を繋いだ一日。

全てに 感謝です。ありがとう!

次回は 晩秋のもよう。

-  c.0  t.0
春のはじまりの工房

DSC_1090.JPG
待ちに待ったミモザが弾け

『先生!ねぇ、私 この時期が楽しみなの。
今日は庭で珈琲タイムしたいわ。』

生徒さんのひとりの呟きで

畑からトウのたった柔らかな白菜を摘んで
パスタにして 青空ランチを楽しみました。

幸せなfikaタイムは日ごろのごほうび❗️

吸い寄せられるように
工房のあとも 別の生徒さんが
ヨモギドーナツを揚げて来てくださり
私が作ったカカオニブとカレンツ、無花果、
くるみのオートミールクッキーと共に
世界一ふざけた夢の叶え方ノートを
書いておしゃべりしました。

季節限定の青空カフェつきの
彫金工房なんて
たまにはいかがですか。

彫金の生徒さんがあまりに
野草なども美味しく使ったお菓子作りが
お上手なので、草カフェfika,妄想していました。

DSC_1094.JPG

DSC_1085~2.JPG

生徒さんがお帰りになったあと、

手元の ラリマーという 石(3大ヒーリングストーンとも言われています)で

森の天使のリングを作りました。

 

息子には 強そうな指輪、といわれました・・・・

そうかなぁ。春の空色、春の森をイメージしています。


DSC_1069.JPG

-  c.0  t.0
fikaという場所
DSC_0799.JPG

この場所を開いて5年が経ち、パカッと開いたことが一つあります。

fikaでの作品作りは 「自分の内側の旅」。

ここは 鳥の声が響く庭が裏にあり、瀬戸内の島の端に位置し、とても静かな工房です。

こぽこぽ、とお茶をわかしたり、時におしゃべりに花が咲いたりしますが。

糸鋸の音、鎚目を付ける音、バーナーの音… 人それぞれの呼吸と同じように

内側の音が 心地よいリズムとなって 聴こえてきます。

誰かが作業する音、鎚の音に 心が躍ったり、落ち着いたり、命の音が

共鳴しあいます。

自分自身からどうしてもにじみ出てくるものが どんどん輝いて

整う、それが世界に一つの作品になる瞬間が あります。

ここでは ひとりひとりに確実にある美しさを見つけて 応援して 

ひとつひとつの作品が出来上がっていきます。それは微細な仕上げに至るまで。


自分自身の中に 自分を整え、癒す力が 本来、きちんとあることを

忘れてしまう瞬間が多い現代。

誕生も 学びの場‐学校も 出産も 病も 死も 人任せできてしまう時代となりました。

ベルトコンベアー、お金を出せば買える 便利な時代になりました。


私も作品を作って 気に入っていただいて、お買い上げいただいて

身に着けてもらうことはよろこびで、誰か大切な方にプレゼントするジュエリー

など、嬉しい気持ちでお渡しすることがあります。


しかし、最高に確実な癒しと 幸せな贅沢の もう一つの道は
自分自身らしさの輝きに護られて生きること。


内面の美しさは必ず作品ににじみ出ますから、それを一緒に味わっていきましょう。


一人一人、まったく違った表情の作品となります。

基本の3連リングや 丸い満月のブローチなどから スタートして

おまもり石のジュエリーまで 自分で作れたら、その時間も作品に封じ込められて

最強、最幸 のあなたの生きた証となります。
大切な友人や家族を護るプレゼントとしても。


彫金は小さな作品に大変、時間をかけますが、手のひらの中の自分だけの宇宙と

対話する幸せな制作時間を 月1−2度 ペースの習い事としてはじめてみませんか。


もちろん、単発で ひとつ、簡単な作品作りを体験していただくのもよし、です。

まずは あなたの中に 隠しもった 美しい音を 聴きに来てください。

鎚目をつける瞑想なんて、時間も我も 忘れる楽しさで おすすめです。


工房・道具レンタル込み

(材料費別途:銅や真鍮の小さなブローチやシルバー細リング1本なら 200円くらい〜)

単発制作は 2−3時間 2000円 / お席優先の毎月生徒さんは 月2回 3500円

                                    fika kako


 
-  c.0  t.0
2018 スタート

DSC_0466.JPG
尾道 しまなみ街道より
元気な太陽を!

今年も
よろしくお願い致します。

-  c.0  t.0
パートナー

DSC_0123.JPG
口内炎の苦しみがわからないと
君は人間として
一段階上に行けないんだぞ。

今日の夫の迷言!

うちの夫は月に一度は口内炎に苦しむ。
夫の母もなので遺伝か?!

口内炎が出来ると
トマト系はちょっと…とか、
あれがしみるこれがしみる
憂うつだ…と
家の空気をどよん、とさせるものだから

この道数十年…学生時代以来口内炎とは無縁だった私
……とうとう

『え?また出来たん?
なんなん、めんどくさ』

……暴言を吐いてしまった。


先月、
野口整体の『愉気』を
夫婦立て続けに
伝えて戴く機会があり、

なんとなくパートナーとして
しんどい時にお手当てしあっていたりー

胃をあげるSS健康法を
教わったのを 試しあったりー

その影響からか(笑)


私にー

数十年ぶりに
口内炎が…できてしまった。

どんどん広がる食い込む痛さに
しかめ面になる。

逆に

夫は
ずっと 私に付きまとっていた
首の違和感、痛みを
訴えはじめた。


尾道だけに!

『転校生』かっ!

私は 口内炎なるものの
喋るのも食べるのも辛い状態に

『ごめんなさい!
ごめんなさい!
私、この辛さを
わかってあげられずに
暴言はきました

ひどい私を
許してください…』

平謝り。

これは氷山の一角。

今年の私たちは

精神的にかなりディープに

まなびあいをしているようで。

ホントしゃれにならない

壮絶で
壮快な

偶然必然の出会いに

綱渡りで

助けていただいています。


かなり面白い展開の幕を

本人たち 必死で、リアルに

次々開けているのです。



DSC_0086.JPG
おいしいものを

おいしく食べられる

それがいかに
有り難くて幸せなことか、

それも切実に学ぶ

ここ一週間。

 

口内炎一つでも、こんな学びがあるんだな(大げさ 笑)

-  c.0  t.0
一段手をかけた世界

DSC_0627.JPG
手は愛を伝える!


うれしい9月のスタートです。

工房に集う皆さまの作品作りを
手伝いながら強く思うのが

つくづく、私は生徒さんたちの
作品への気持ち

 

命だわ〜、と(笑)


一回ひと作品、

楽しく軽やかに作ってきた生徒さんも
少しハードルを上げ!!


時間も手もかけた作品に挑戦することが
続きました。

 

DSC_0616.JPG
プックリした水晶に
白蝶貝がサンドイッチされた、
美しいハートの石。

どうしても爪留めして
大切な娘さんに贈りたい!という
温かい気持ちに私も頭をひねって…


美しいイヤリング、完成です。
DSC_0626.JPGお誕生日!おめでとうございます。

 



こちらも!selfiecamera_2017-09-12-15-35-45-169.jpg
長年大切にされていた
京都のイドラさんの一点ものの
天然石ビーズを
娘さんの12才のお祝いにあしらって…。


キャスティングしたパーツを
銀のスプーンとバターナイフに。
DSC_0587.JPG
アンティークな味わい、
手のぬくもりと
裏に素敵なメッセージの刻印も あるんです。

DSC_0634.JPG
今日は 丁寧に磨かれた すり出しリングも完成!

 

作品の完成とともに、
またまた、わいわい 嬉しいお茶会になりました。

DSC_0645.JPG
息子の同級生ママさんが
心を込めて取材しながら
手作りしている
Sima‐Simaさん。

 

島愛にワクワクしてくる素敵な冊子。


えいや!っと 掲載していただきました。

小さい工房だけど
まだまだ幸せな時間を広げられたら。。

私自身も技術を磨きながら、がんばります

 

DSC_0646.JPG
最近は↑こちらに掲載されたように
結婚指輪を作りにきてくれたことが嬉しかった。

 

「自分の幸せは自分で作ろう」って。

 


人を想いながらの ハッピーな作品作りも多く、


selfiecamera_2017-09-12-15-27-06-412.jpg
こちらは…
1〜2時間で軽やかに出来るピンキーリング。


手は愛を伝える!
料理でも、わらべうたでも、
彫金でも。

本当にそうですね。

 

 


DSC_0498.JPG

DSC_0494.JPG
同じ金槌を使っても
それぞれの手の想いがすてきです。
-  c.0  t.0
秋からのfika

DSC_0491.JPG
夏休みも
幾度か工房を開きました。

すてきな方が集まって手を動かす。

それぞれの持ち味やセンスが
魅力的に光るように
私も精進して、助ける存在になりたい。

私は石の作品にいくつかとりかかろうと。

DSC_0501.JPG
ラリマーという、
優しい石が工房に来ました。

DSC_0114.JPG
秋からの
工房オープン予定です。

9月
月 11 25
火 12 (×) 19 26
木 7 14 21(×)
土 9 ※土曜日はお試しです

10月
月 16 23 30
火 3 17 24
木 5 12 19

※10時半〜12時半 13時半〜15時半
Atelier fika
090+6346+7683

お席が少ないのでお早めにご予約を。
×の日はほぼ満席、ご相談下さい。

-  c.0  t.0
| 1/47 | >>