yu+ru+ri 尾道便り。尾道水道にほど近い
彫金工房から
暮らしの徒然ごとを。
Atelier fika
尾道わらべうた伝承研究会 おのみちわらべ 主宰

CALENDAR  RECOMMEND  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK
CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS
イサム・ノグチさん

ここだ。

原点に、引き戻してくれる場所

 

16−17年ぶりに

香川県牟礼町のイサムノグチ庭園美術館へ。

 

息子が平山郁夫美術館さんから招待して戴いた旅で

セレクトされた場所。

 

何と、彫金の師匠と訪ねたこの地へ

今度は こどもに導いてもらって訪れる時がこようとは。

 

 

人と自然が一緒であること

 

平和のために作品をつくること

 

そんな風に

イサムノグチさんが遺して下さった

未来へのおくりもの

 

ー子どもたちは

庭園美術館の丘の上で

「ヤッホー」!!と、平和を叫びながら

しっかり受け取っていました。

(後で知ったこと、そこは彼が眠る大きな墓石の丘でした)

 

まっすぐで純粋な感性でこの場所を受け止める存在と

一緒に来られたことで新たな発見もあり、

懐かしき札幌のモエレ沼公園や

大通公園のブラックスライドマントラにも

たまらなく会いに行きたくなりました。

 

1490602628612.jpg

 

北海道で勤めていた会社が

イサム・ノグチの精神を受け取ろうと、伝えようと、

丁寧に企画をしていたこともあり、

濃く、身近に 彼からの影響を受けていた私。

時を超えて、再び メッセージを受け止めました。

 

それは 当時よりも 鮮明なメッセージ。

 

17年の時を超えて生まれた子どもの感性を通して

感謝の気持ちを新たにした旅となりました。

 

折しも少し弱まっていた自分の真ん中と

再び繋がり、勇気づけてくれたのでした。

 

 

香川のイサムノグチ庭園美術館は火・木・土の

10時ー13時―15時の一日三回限定で公開

入館は往復はがきでの予約制になっています。

 

               讃岐五色台からの夕景・瀬戸大橋

                ↑ここの休暇村がまた絶景!!

 

 

 

-  c.0  t.0
スポンサーサイト
-  c.0  t.0
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://onomichi-fika.jugem.jp/trackback/548
<< NEW | TOP | OLD>>