yu+ru+ri 尾道便り。尾道水道にほど近い
彫金工房から
暮らしの徒然ごとを。

atelier fika
尾道わらべうた伝承研究会 おのみちわらべ 主宰

「こえ」「ことば」を なりわいとも しています。

CALENDAR  RECOMMEND  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK
CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0
知の庭 VOL2

DSC_1304.JPG
月舟苫屋さん 第二回『知の庭。』

 

気になる人の気になる本棚。
本棚を開くことは脳ミソの裸をみせる潔さがいる。

人生の節目節目の思い出本を
ピックアップしながら大切な人を想う。

さて。『私はこんな本と共にあった人間です。』
それを開くコミュニケーションは
深く豊かで心が繋がるのが速く、なんと
幸せな時間となることでしょうか。

そして、声を空気に溶かす朗読の時間。

私は矢川澄子さんの『だるまさん千字文』を。

私の勝手な提案に関わらず 出展の皆様、
声を出すことをお受けくださった。

『生きる』『生き方』『働き方』『からだの在り方』…

出展者への本と人生から滲み出る本の一節セレクションが 命の声として放たれた。

一人一人の人生の輪郭が浮かび上がった。

月舟苫屋さんの佇まいとの融合、
まりこさんの生のアート よしえちゃんのご飯が
命の営み 命の歩みとしっかり手を繋いだ一日。

全てに 感謝です。ありがとう!

次回は 晩秋のもよう。

ことば おんがく  c.0  t.0
スポンサーサイト
-  c.0  t.0
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://onomichi-fika.jugem.jp/trackback/563
<< NEW | TOP | OLD>>