yu+ru+ri 尾道便り。尾道水道にほど近い
彫金工房から
暮らしの徒然ごとを。

CALENDAR  RECOMMEND  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK
CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS
イサム・ノグチさん

ここだ。

原点に、引き戻してくれる場所

 

16−17年ぶりに

香川県牟礼町のイサムノグチ庭園美術館へ。

 

息子が平山郁夫美術館さんから招待して戴いた旅で

セレクトされた場所。

 

何と、彫金の師匠と訪ねたこの地へ

今度は こどもに導いてもらって訪れる時がこようとは。

 

 

人と自然が一緒であること

 

平和のために作品をつくること

 

そんな風に

イサムノグチさんが遺して下さった

未来へのおくりもの

 

ー子どもたちは

庭園美術館の丘の上で

「ヤッホー」!!と、平和を叫びながら

しっかり受け取っていました。

(後で知ったこと、そこは彼が眠る大きな墓石の丘でした)

 

まっすぐで純粋な感性でこの場所を受け止める存在と

一緒に来られたことで新たな発見もあり、

懐かしき札幌のモエレ沼公園や

大通公園のブラックスライドマントラにも

たまらなく会いに行きたくなりました。

 

1490602628612.jpg

 

北海道で勤めていた会社が

イサム・ノグチの精神を受け取ろうと、伝えようと、

丁寧に企画をしていたこともあり、

濃く、身近に 彼からの影響を受けていた私。

時を超えて、再び メッセージを受け止めました。

 

それは 当時よりも 鮮明なメッセージ。

 

17年の時を超えて生まれた子どもの感性を通して

感謝の気持ちを新たにした旅となりました。

 

折しも少し弱まっていた自分の真ん中と

再び繋がり、勇気づけてくれたのでした。

 

 

香川のイサムノグチ庭園美術館は火・木・土の

10時ー13時―15時の一日三回限定で公開

入館は往復はがきでの予約制になっています。

 

               讃岐五色台からの夕景・瀬戸大橋

                ↑ここの休暇村がまた絶景!!

 

 

 

-  c.0  t.0
人の意図にながされない

1490285643390.jpg
小さな宇宙の粒。

しっくりくる安心感。
絶対的にこっちなのだから 

 

 

全てに支えられている感謝がそこにあることは確か。

              1490366361900.jpg

変換のフィルターがかかった
人づたいの言葉に違和感を感じたら

それに傷ついている人がいたならば

惑わされないで、と伝えたい。

 

大丈夫だから、

中心が繋がる存在とは出会えるから。

違うふりして、すぐそこにいるかもしれないし。

 

目が合った。
1490328314764.jpg

            こっちこっち。

 

ここから光があふれだす。

安心して歌がこぼれだす。


何といっても春の始まり。1490366443066.jpg

 

-  c.0  t.0
立春〜4月のfika

1489970198391.jpg

                                                  

真東からお日さまがのぼる日だよ!


と、外で朝ごはんにしました。

同じものでも
外の空気がごちそうになって
ごはんも 珈琲も 10倍は美味しい。

 

もぐもぐかみしめて 味わう。

1489970459417.jpg
息子の定位置は この桑の木。
立春の太陽に近いところへ。
 


 

++++++++++++++++

 

工房ではいろんなドラマが生まれていますが、

今月の一部・・・


1489970581562.jpg
四回にわけて
アマゾナイトのしずく型の石を
ペンダントに仕立てた生徒さん。

1489970689046.jpg
こつこつ、一つ一つのパーツを作って

ろう付けして。
1489970713052.jpg
完成!

1489999545241.jpg

     その前は、覆輪を作ってトルコ石をペンダントにされました。

     コツコツ作っていけば自分だけのお気に入りが出来ていくのですよね。

++++

 

教室内に転がっている簡単な見本をヒントにして
一回で、ワイワイ楽しく創作された皆様♪

心から作ることを愉しむ姿が本当に素敵で。

 

まぁるく切ろうとしたけど・・・

でも、結果 まんまるじゃない方が断然お洒落!

皆で大笑いしながらの時間。

1489970752543.jpg


1489970829933.jpg
銀杏のブローチはね
火のかけ方で
虹色の仕上げにしてみたらいかがでしょうかね?
一年中素敵に使えるね、と
そんな話をしながら

深い虹色に輝く仕上げにしました。

+++++++++++++

      

 ぴっかりんこなジュエリーを制作する方も。

              1489999473988.jpg
1489999499504.jpg

3月のオープン日
残りは23日木曜日です。

4月は
10日から毎週月、火、木で
オープンします。

1489970538243.jpg1489999180092.jpg

作業に余裕があれば、

すかさず珈琲タイムを楽しむfikaですが。

 

ほっと一息、こんな場所を新しく作りました。


 

atelier fika  c.0  t.0
尾道スイーツ
1488324658274.jpg
ネーブルの香りが口いっぱいに広がるケーキ!
嬉しいプレゼントを頂きました。

このお菓子、きらきら輝く
10月のさくらさんの
『尾道産ネーブルのパンドジェンヌ』は
今年の尾道スイーツコンテストでグランプリに輝いたそうです。

何回か商店街散歩で立ち寄ったすごく好きな雰囲気の美味しいケーキやさんと思っていましたが

この度の宝石のようにキラキラしたネーブルのケーキの美味しさにもびっくりしてホームページ見ました。

こどもたちに安心して食べさせられる素材で、という思いにも触れて 
また今度は、大切な人に贈りたい、幸せプレゼントのリレーに、と思いました。

1488415325131.jpg
-  c.0  t.0
早春のわらべうた

1486544270768.jpg
おのみちわらべ
早春の会をひらきました。

つくしはつんつん出るもんだ〜♪
尾道・向島の山の日向で
もう土筆が顔を出し始めているんですって‼
お庭の季節の野の草花を
いつも素敵にアレンジしてお持ちくださるMさん。

今日は季節がら皆様体調は如何かしらと思いきや
たくさんたくさん
お越しいただいて嬉しいびっくりの日でした。

普段は幼稚園や保育所など、少し年上のお兄ちゃんやおねえちゃんたちも沢山いて
手を繋いで輪になってたくさんうたいました。

もぐらさんになって冬眠から覚めたり、春風さんになってくれたり、おまめさんになって跳ねたり…

一足早く、春がいっぱいいっぱい弾けました。

1486544819533.jpg
三原では週末にだるま市〜神明さんがありますから
Kさんが、三原の可愛らしいだるまさんで
わらべうたをうたってくれました。


今日は瀬戸田からも島を二つ渡ってかわいいお客様をお迎えしましたし、イギリスからも素敵なお母さんと可愛い男の子が!春先まで島に滞在されるそうなので

またお会いできたら、今度はイギリスのわらべうた!マザーグースも教わりたいな‼

名残惜しくも、みんな遊びに遊んでくたくたになるまで…体力の限界までわらべうたで遊んだエネルギーいっぱいの会でした。

赤ちゃんたちは帰ったらお昼寝沢山したかしら…


次回は
3月10日10時半から
むかいしま こころで
わらべうた伝承研究会を開きます。

おこさま向けではないですが、
わらべうたを手渡す側が、一曲ずつを大切に深めることが出来たら…という試みです。

いつものような流れはなくて、大人しく研究会してみるのですが、数組、是非それも参加してみたい、というお母さんがいらっしゃいました。

良かったらおこさま連れの方も出入り自由でご遠慮なくお越しください。

4月や5月の親子遊びの会に向けての準備もしていきます。

春の親子遊びの、いつものおのみちわらべ会の日程が決まりましたら
またご連絡いたします。

-  c.0  t.0
わらべうた旅

1484782221009.jpg
心はあたたかい場所

あたたかい人に向かう。

今日は瀬戸田の子育て支援センターに

伺わせていただきました。

創造力 フル回転で遊ぶ
小さなみんなを全肯定して見守る

温もりに包まれた
安心の場を感じてきました。

はっぴぃさん、

以前伺った際のわらべうたを大切に引き継いで下さり、
普段からわらべうたをうたう親子さんが増えているとか。

子育てサロンのバンビさんへドキドキ仲間と準備して

初めてお邪魔した日から、もう5年半。

お迎えくださる笑顔の素敵さにいつも感謝しながら、
うたいます。

寒い日でも、わらべうたをうたうと、
人の温もりで、ひなたぼっこしてるみたいにポカポカします。

 

有難うございます。
******

次回のおのみちわらべの会は
2017年2月8日水曜日
尾道市民センター むかいしま
こころ 和室
10時半〜
早春のわらべうた会です

わらべうたあそびや
わらべうたを伝承することに
ご興味のある方ならどなたでも
0歳からおとなまで、
お気軽にどうぞ。

尾道わらべうた伝承研究会 おのみちわらべ

 

 

++++++++++++++++++
おまけの瀬戸田土産。

お腹の中からわらべうた育ちの息子は、今、食いしん坊盛り!

『おかーさん、瀬戸田行くなら 今度こそチキンだよ!!』と。

以前、2度ほど買いに行ったけれど、
『予約しないと売り切れてもう有りません』
と、ゲット出来なかった
”玉木さんのローストチキン”  リベンジ。

今回は予約をして1484782785604.jpg
やっとやっと、買えました。ホクホク!



1484783264203.jpg
平山郁夫美術館に立ち寄り、
近くのパティスリーで
レモン味クリームがたっぷりのサクサクシュークリームと
カフェモカで一息。

レモンでいっぱいの島。1484783991328.jpg
元気をくれる爽やかレモン。

戴いたエコレモンで、はちみつレモンを作ろう。


レモンレシピを開発する元気なお母さんの輪もあるとか!?
教わりたぁいなぁ。

 


1484782583386.jpg

ーーー私の中(だけの)イメージーーー
  向島の空はニュートラルでまったり。
  因島は太陽のパワーいっぱい。


  瀬戸田(生口島)は、優しい丸い空。

  〜今日の雲も、優しい円を描いていて。

 

しまなみ海道

住まって10年近くですが、この場所の美しさに日々感動は続きます。

嬉しい島めぐり。次の島へと橋を渡る瞬間は いつもワクワクします。

よい出会いに有難う、感謝で胸いっぱいで向島に戻りました。

-  c.0  t.0
2017年はつはる

1483226996160.jpg
2017

あけまして おめでとう ございます

近所で日の出をみて島をぐるっとまわり氏神さまに初詣。

 

日の出の時は 

はね、という魚が何度もはねたり

鳥が自由に空を舞ったり

カモの親子が数組泳いで渡ったり

長閑な自然の営みも一緒に感じました。

 

原点回帰。

皆様に佳き年でありますように♪


去年の私

失敗もいっぱい。
情けないことも沢山でしたが


極めつけは 年末お餅つき!

籾が少し混ざった玄米のまま餅米を水に浸し

 

玄米おむすびかーー??という 

ジャリジャリゴロゴロ

ごつごつした野趣あふれるお餅に相成りました。
1483265774751.jpg
自然栽培、栄養は満点なものの
例年のように

ご近所さんや友人や家族にお裾分けするには辛い。

1483236225611.jpg
頼りない母を尻目に
お節料理作りを頑張ってくれたフォロー隊。

1483236729634.jpg

私もボロボロでしたが、試練の2016年だった友人と連れ立って
12月にとても尊敬する先輩が大三島にお連れ下さったのですが、


人間だけの中で

ぐるぐるすることではどうにもならないこと。

樹の力 太陽の力 海の力 月の力 土の力…

惜しみないその力の存在を 改めて偉大に思う旅でした。

 

そんなこんなで、

頭を切り替えて

 

さぁ、2017年酉年スタート。

力強い初日の出も 目を瞑って しっかり感じました。

 

うちの6歳きーちゃん。
1483236388163.jpg1483322469373.jpg
「お母しゃん」「きぃ〜ちゃん」「アリガト」
とおしゃべりします。

 

草たちは春を知ってるね

庭にはもうきぃちゃんの大好物「ハコベ」がいっぱい。

うん、大丈夫。ちゃんとうまくいってるよ。

心に羽根を宿して 羽ばたいていこう♪

 

かんながらたまちはえませ。
今年もよろしくお願いいたします。
 


Effectplus_20170101_204919.jpg

 

 

-  c.0  t.0
ひとつずつ ひとりずつ

KIMG4401.JPG
今年の工房おさめ。
小さなアトリエ
12月の活動の一部です

クアトラさんの会で制作したリース♪



KIMG4387.JPG
中学生の息子さんが
サラサラと落書き?した
リンゴを型紙にアクセサリーにしたママさん。

徹底的に磨いてもらったらKIMG4390.JPG
ピカピカ林檎に。



KIMG4454.JPG
工房に転がっている
私の作品の欠片や、他の生徒さんの切れ端を、
「これ、使っていいかしら?」 と集めて、ブローチを作った方や


はじめての方にも 
無理なく楽しめる作品を提案させてもらっています。
KIMG4435.JPG
高校の同級生同士の素敵な奥様方は、はじめての金工で
小さなピンブローチを。


髪をくくるゴムや…

KIMG4385.JPG
彼女は大きいスプーンが
作りたいそうです

KIMG4446.JPGKIMG4445.JPG
今年、体験でこられた方に
提案して、一番作った方が多いのは

「満月のブローチ」

サイズや叩き方、
槌目のいれ方、などなどで
雰囲気は皆違いました。

今年はスーパームーンも話題になりましたが
ちょうど満月の日に
素敵な小学生さんが飛び込みで工房にいらして、満月のブローチを作ったことも、印象的でした。
お母様に次にお会いした時に
「借りてきました〜」
と娘さんの作品をワンピースに着けていたのも嬉しい瞬間。


KIMG4409.JPG

今回は

体験でできる作品の紹介をしました。

工房の生徒さんのおしゃべりに混じって
隣の部屋では、きいちゃんも
ラジオのように喋っています。KIMG4421.JPG

KIMG4451.JPG
お楽しみのお茶。

工房納めの昨日は
ベニシアさんのレシピで
ぎっしりリッチな
熟成フルーツケーキを手作りしてくださったSさん。

お菓子と珈琲と工芸の時間
(ん。順番が逆?)

来年も大切に育んでまいります。
私が一番の生徒だな、私は場を開いているだけで。
と思う昨今。

彫金の時間の豊かさを伝えてくださった札幌の先生、
東京や尾道で出会えた、ここから繋がるご縁に感謝して
また来年も、ゆっくりながら
この小さな場所を守っていきたいです。

来年もよろしくお願いいたします。
KIMG4448.JPG
素敵なX'masを。

-  c.0  t.0
クアトラ、さん!

KIMG4339.JPG
ひとつの出会いが
こんなにも人生を豊かにしてくれる。

そんな嬉しい出会いが また尾道に。

アート工房 クアトラさん。

ヒミツにしたいほどだけど
すでに有名!

 

音楽のステージ作りを通して、出会わせて頂いた!

そして共通の友人と一緒に 今日はお出かけ。


この出会いのにおいは
私の人生を変えてしまった
北海道で彫金の先生に出会った時のことを

思い出すにおいだ。

ディープな尾道の中でも さらに
異空間への旅。
クアトラ、とは
主宰の高垣さんご一家が
文化庁在外研修員として
スペインに住まわれていたエピソードが由来。
クアトラ・ガッツ(4Gats)は、

ピカソ、ミロ、ダリなど芸術家の溜まり場だったお店。

バルセロナは私、死ぬまでにもう一度行きたい街で…。
ガウディ探訪はもちろん
ピカソ美術館もミロ美術館も

フィゲレスのダリ美術館もかけつけましたとも―。

そうよ、その、スペインの4Gatsよ。

個人的にはそんな工房の名前からして

ときめいてしまっていますが

ご夫妻のお人柄や 美人黒猫のココちゃんにも

すっかりノックアウト。


現在、クアトラさん
全国の様々な46名の版画作家さんたちの作品を

一堂に鑑賞できる贅沢な展示

Little Chiristmas 2016 会期中です。

 

今週末(11月27日)まで。

”garden”を共通テーマにした作品

庭から広がるそれぞれの宇宙が・・・

作家さんお一人お一人の言葉も添えられていて

もう一度ゆっくり観たいくらいボリュームでした。

 

アート工房クアトラさん

http://quatra.jp/


不安な世の中、だからか、余計に

 

美しいものに触れる 

一瞬一瞬を

愛おしく噛みしめる。


ここに流れる時間を胸に刻んで
また一週間頑張ろう。

-  c.0  t.0
シーモアさん。

1478585405603.jpg
先々週は 息子と『君の名は』
先週は『淵に立つ』を
そして今日は
朝一番にシネマ尾道に駆け込んで
観たかった
『シーモアさんと、
  大人のための人生入門』
を観てきました。

忙しい時ほど何故か
細切れ時間をフットワーク軽く
動けるのが不思議。

一人映画が好きで、
今日も一人で。

日頃モヤモヤしていたことと
シーモアさんの言葉が合致。

大感動のストーリーな映画じゃないのに、
ずっと目が潤みっぱなしでした。

ここからは 私の勝手なメモ書きです


多勢に紛れた経済優先の粗悪なごまかしが多々。
それは、
ネットや放送や音楽や芸術や…

人間社会全般に当然あるもの。

 

 

伝えたいことと内面との呼応が聴きたい

その内容とどう反応しながら熟練して

現場の空気とどう反応しているかの結果として

観たい聴きたい・・

音楽家もしゃべり手も 本当に生半可じゃない。


シーモアさんは、
音楽に向かう。人に向かう。
ピアノに耳を傾ける。
隣に寄り添ってくれる。

映画から帰って、
シーモア(セイモア)バーンスタインさんのピアノが
もう少し聴いていたくて

探していましたら
やっと、YouTubeで見つけました。

シーモアさん、多分
ご自身で

誰が書き込んだか?のYouTubeの感想にだって、
丁寧に返信されてます。


シーモア先生の
人に向かう瞳、
音楽に向かう心

物事へのシンプルな対峙が

守護神のように宿りました。

シネマ尾道では、今週金曜までの一週間限定上映。

最近ピアノ漬けの
娘連れて もう一度観たいな。

-  c.0  t.0
<< | 2/46 | >>