yu+ru+ri 尾道便り。尾道水道にほど近い
彫金工房から
暮らしの徒然ごとを。
Atelier fika
尾道わらべうた伝承研究会 おのみちわらべ 主宰

CALENDAR  RECOMMEND  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK
CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS
2015 ぬくもりのかたちをさがして
1421734211439.jpg
工房、今年も開きはじめました。

いつでも少人数の小さな工房ですが、
お仕事をはじめた方がいらして、
お席少しあきました。
ご興味あれば体験からどうぞ。


さて、新年最初に、新しいミルがお目見え!
fika では今、家主の趣味が高じて
マヤ先住民の知恵がつまっている
無農薬非化学肥料のフェアトレード珈琲の生豆をお送りいただき
裏山の薪で庭で自家焙煎(!!)という

なんとも稀有な珈琲豆で
ゆっくりドリップして珈琲を淹れています

挽くだけでも笑えるくらい時間がかかるので、
やや効率のよいミルへ進化です
相変わらず、遅いですが…
       (他のお茶もあります)

それぞれのペースで
一歩一歩、気長に
一緒に学んでいます

1421735617071.jpg
新しい当て金もいくらか。

スプーンなど、今までより楽にタタケマス

あるものを工夫して使うことと

可能性を広げてくれる
 素朴な優れもの工具にわくわくすることと…

そういう意味でも金工は果てしない…
         まだまだこれからです



さて
私はご注文のものを変わらず
嬉しくコツコツ…です。
次なる構想も広がりつつ。

本当に
生徒さんの想いをきいて こんなんどう?と玉手箱を開けることが好き。
人の素敵なところを見つけて、応援するんが好き(!)

一人一人違って、みんないい感じの”持ち味”を生かして
自分ならではの風合いが光る作品が生まれればなぁ、と


1421736241711.jpg

私がくねくねと遊んでいた真鍮の針金や、
工房のはぎれや刻印の練習後の銅板や…
下さい!と拾っては、

火を当てたり、溶かしたり、
各素材の性質を
実験しながら
一緒に迷宮入りして楽しんでいる生徒さんや・・・


1421737246670.jpg1421737200134.jpg
今日の新月の日にぴったり!

シンプルで美しい光が宿る、日本産水晶の
石枠、爪座を
半年がかりで、
丁寧に完成させた生徒さんもいらして

とっても嬉しい日でした。

銀は、「月」とつながる 清らかで高貴なる金属。

*********************************

1421736197128.jpg
さて、2015年1月の残りの工房は・・・
1/27(火) 1/29(もく) 
体験はともに一名さままで。

2015年2月は
月曜日 2/2  2/9  2/16
火曜日 2/3  2/17  2/24
木曜日 2/5   2/12  2/19 2/26

です。ともに10時半〜12時半
(13時半までは残りの作業のために工房使用可)

☆単発で作りたいものがある、
 ちょっと体験してみたーい!という方は
     空きのお席があれば、ひょい、と。

☆月2回以上のペースで お席を確保して
 じっくり取り組んでみたい生徒さんは 
 1−2名募集いたします。
(工房概要はブログトップページの{profile}に)


お茶を飲むように
自然に自由に、金工の世界へ
おいでください       fika

1421736146749.jpg

 
atelier fika  c.0  t.0
atelier fika 2014年残りの予定と、2015年1月の予定
1418109014865.jpg

昨年の今頃、展示会をご一緒したユキハナさんや暮らし音さんから
お花のあしらい方の知恵や、森の木の実などのお裾分けをいただいて
玄関先をかざりました。




今日はまた工房の日。
この小〜さな工房で手を動かしていると、落ち着きます



今年は 展示会からの出会いのなかで
これからの道への素敵な一歩をいただきながら
時間や気力、体力の使い方を学んだ刺激的な一年でした

実はへろへろ(笑)
こどもたちとの心や、やりたいことへの
付添い盛りですし。

体力づくりをせねば。

最近はといえば、
風通しのよい ヒミツの小箱 を

大きいのも小さいのも
沢山・・・・シンプルな割に手間は立派にかかります。




ご注文くださると天にも昇る嬉しさですのに
作品をお待たせしてばかりで 落ち込みますが、

一つ一つの作品を身の回りで使って下さる

親愛なる皆さまに

銀の 透明で高貴なひかりや
真鍮や銅の 懐深い温もりを通して

ほっとするお守りのような幸せが宿りますようにと
新たに心を整え直して精進いたします




12月の工房オープンは
残り11 18日の二回となりました

1月は
月曜日 19 26
火曜日 13 26 27
木曜日 8 15 29

10時半〜15時半

です
 
atelier fika  c.0  t.0
世界に一つだけ〜最近のfika*
atelier fika*
地道に週3日 開いております
おもに 月、火、木 の10時半〜12時半です。

金工にご興味ある、初心者の方、お気軽にどうぞ。
向東町です

9月は
月 8 22 29
火 9 16 30
木 4 18 25
オープン予定です。
午後13−15時希望はご相談ください

  atelier fika* 090*6346*7683
*************************

ほとんどの方が
月1−2回の ゆっくりペースです

それでも
欠かさずいらして 手を動かしている方は
着々と作品を仕上げて いらっしゃいます。

      ***      ***    ***    ***


あまりに ブログの更新(工房のお知らせ)が少なくて 
すみませんが
夏休みを利用してまとめて・・・(!!)

ほんの一部ですが、

最近完成した
世界に一つの、生徒さんの手作りです

手持ちの価値ある石を 
一点一点 枠をつけて
デザインを考えて仕立てていらっしゃるmさん

ラピスラズリの台にルチルクォーツを載せた美しい石を
   夜空の幻想的な世界を思わせるデザインに。


中学生の息子さんへ、プレゼントだそうです
パライバトルマリンのキャッツアイ
貴重な石が しずくのように。



庭のお花を抱えて 来て下さる生徒さんのおかげで
工房も やさしくはなやいでいます。


                                                     薔薇の蕾のring.



こちらは ワックス作にて
お孫さん3人への 「雪の結晶」ペンダントの作成中。






おかあさまの仏壇に優しい蝋燭を灯すために
こころをこめて。


こんなデザインが夢に出てきたから、と。



                                                              

はじめてのキャスティング作品に挑戦されたk様
大き目の作品ながら透かしの感じが涼やかで
夏のカジュアルなTシャツにも よくお似合いでした



工房の夏休み直前に
 きまぐれに 銀の甲丸線のワイヤーワークで
  夏向けの軽やかなリングも作っていかれました




男性もいらっしゃいます
ご自身の皮作品と組み合わせた金工を、と学ばれています

時間と根気を要する
すり出しの練習作品、
バングルに仕立て、一生ものとなりました


       ちいさなものまで・・
   精巧で丁寧な作品作りです


生徒さんの 創造をくみ取って 
出来上がりの風合い 目指す雰囲気にあわせて
制作する方法を 選んで提案するようにしています

相当スローペースな工房ですから
まだまだ みんな初心者ですが
一歩一歩 私も含めて 
金工学びの場となっています。













 
atelier fika  c.1  t.0
fika*夏休み番外編ー憧れのかごを編むひと。
かごを編むには
湿度の高い時期の方がよいようです

〜先月 おのみち家族の台所で
素敵なかごを編まれている方と出会うことができました。

その名も
”KAGOME KAGOME”さん。
広島からいらした尾道出身の作家さんです。


丁度居合わせた ユキハナさんと共に
是非に、とお願いして、
かご編みのワークショップをしていただきました。

生徒は ユキハナさん、ワタシ、そして 5年生女子2名!


みんなの編み始め。





4人4様で、
みな違ったテイストの作品を希望してしまう、という
わがままぶりだったのですが、

丁寧にお教えくださり、
みな 汗をかきかき 黙々と手を動かしました。

材料は「紅藤 ベニトウ」だそうです。


我が家の大好きな絵本
「満月をまって」(Basket Moon)
  メアリー・リン・レイ文 
  バーバラ・クーニー絵

は、まさに
かごを編む民族のお話なのですが、
”下にくぐらせて、上にだして。
くぐらせて、だして、くぐらせて、だして”

こんな一節通り。

 山に住む、かごを作り続けている人々を思い浮かべながら


娘は ほんとうにどこかの民族のように
・・・まるで 身体がもう、知っているかのように
すごい勢いで編んでいました。

 パンも、ピザも、お野菜も、
 なんでもがしがし入れられる特大なかごを。

ノロノロで目が飛び飛びな母は 完全に負けました。


そして、
もう少し。そろそろ仕上げに。





嬉しい、
みんな 先生のフォローのおかげで
なんとか かんとか。


先生に大感謝。
私はボトルホルダー兼、野の花かざりの縦長のかごを。

ズドーン、とまっすぐなラインがシンプルでいいのに、
ヨレッと、くびれました!


   夜な夜な作業の続きをして
    先生を習って 皮の取っ手とか
     つけてみました ちょっと金属も使って。

さらに心を込めるワンポイントの
ヒントもいただけるのも魅力ですね。

KAGOME KAGOME さん
 かごバッグも素敵なんですよ。

明日、8月3日 も
おのみち家族の台所に出品されるそうです。
皮と組み合わせたりして
ピリッと素敵なエッセンスのきいた
かごのしごとを 出されています。

**********************
 
atelier fika  c.0  t.0
すこしですが・・・
素敵な空間だなぁ、と思っていたお店のオーナーさんが
お声掛けくださり、少しですが 作品をお持ちいたしました。
ありがたいかぎりです。

ただでさえ制作がおいついていない
ゆっくりすぎる作品たちですから
いまのところこのお店にだけ少し、の展示(販売)ですが、
一つ一つを大切に並べていただけるお店に出会うことができました。

清らか、という言葉がぴったりな
お店のムードの中に、透明感あふれる美しいオーナーさん。

なので、お店の雰囲気の中にそっと置かせていただけそうな
銀細工をえらんで展示させていただきました。



お店のランチの内容は 日々磨いて磨いて、きせつごとに
身体が美しく循環していけるようなメニュー。

”この方に頼みたい”とほれ込んだ
滋賀の作家さんに頼んで一枚一枚焼いていただいているという
土のぬくもりあふれる陶器のうつわにのせられています。

私も curaさんを見習って 女子力を上げていこう。
お肌も磨こう。
彫金の腕も磨こう。
少しずつですが、また入れ替えに伺います。




ゆっくり ランチ〜ティータイムを過ごさせていただきました。

(お写真の提供、お店とつないでくださった
      t*mさん ありがとうございます)


ティータイムにもゆっくり

フルーツ酵母と豆乳のぷるぷるプリン おいしかったです


一人でふらり、ごはんやお茶にいらしている素敵女子の
多さもこのお店の魅力を物語っていますね。

どこか紳士なおじさま、おくさまも お一人でふらり
お茶しにいらしていたりして。

curaさん
尾道市土堂2−4−40
水曜定休 
10−19時

 


 
atelier fika  c.0  t.0
atelier fika 工房新学期
庭のミモザが ポップコーンのようにはじけました。
数日でしぼむんですが、しぼんでも可愛い♪

工房に立ち寄られる方が
一枝ずつリースにして持ち帰られています。
 
有難いことに
ご注文下さっていたアクセサリーのお渡しもひと山越えて・・




                                 love letter & bird ピンブローチ ¥4500
              
     こちらは まったく同じではありませんが
           余分にもう一つ作りましたのでまだあります

 工房にはその他何点かですが、選んでいただける作品もあります。

 最近では
 ゆっくり相談しながらオーダーをお受けしたものもあります。

 "お友だちのお誕生日プレゼント”で
 予算とお友だちのイメージや好きな感じ、
 体格などに合わせて一緒に考えたこと、

 お越し下さったその場で
 今、工房にある作品をアレンジして作らせていただいたり
 という楽しいこともありました。
 お名前が刻印できる作品もあったり
 プレゼントするお相手のイメージがある
   というのは本当に幸せな作品作りです。



(お待たせしているものもまだありまして、
 申し訳ないです…)



生徒さん作品は
今年の冬も ほかほか温かな手作り作品がいっぱいでした。

ワックス制作はおおむねみなさん成功され、
近々もう一度!というリクエストもあり4月にもう一度取り組みます。

花嫁さんが
両家のお母様方に それぞれの好きなお花をイメージして
サプライズで手作りブローチをプレゼントする、という
幸せなお手伝いもさせていただきました。

そういえば、昨日ご結婚披露宴だったのではないかしら。
おかあさま方をイメージして丁寧に手を動かす姿が
優しさにあふれていて、こころ洗われました。

お孫さんに、と銀のブローチを作られた方。
でも ご自身が大好きなすずめちゃんを模って
可愛らしくできたので…どうなさるかな。

ドールハウスや革細工、といった
他の分野の工芸作家さんがパーツの一部に彫金を
取り入れたい、というケースもあって 色々お話を伺って 刺激にもなります。

工房展からのつながりで、年代も、ものづくりの背景も
様々な方と出会うことができるようになりました。

今まで口コミや友人関係がほとんどだったので、
緊張も倍ですし、背筋が伸びる想いですが
・・・相変わらず少人数で のんびりムードが漂っている工房です
 自然に肌の合うそういう方が集まってくるのでしょうね

じっくり時間と心さえかければ
少しずつよい作品が出来ていきますので、取り組んでみてください。

*****************************

4−5月工房スケジュール
4月 
月曜日 7 14 28
火曜日 8 15 22
木曜日 10 17 24

5月
月曜日 12 19 26
火曜日 13 20 27
木曜日 15 22 29

月&木 10時半〜12時半・13時半〜15時半 
火   10時半〜12時半
いずれも 12時半〜13時半は自由制作可能

090*6346*7683(アトリエ フィーカ・朝10時〜16時)
時間的にお急ぎでなければ
非公開のコメント欄をこのページの下の方に見つけましたら
そこからご連絡をくださっても構いません。

向島内のおすすめのお店をまとめた情報誌を
友人が発刊するらしく、お声掛けいただき取材をお受けしたので
改めてご案内できるかと思います。

***************************

工房は春休み。
生徒さんがいらっしゃらない 今の間に 
気になっていた工具のメンテナンスやパーツの整理をし始めたら 
訳の分からない状態になってしまって

椅子やテーブルや工具をあっちへこっちへ
移動させて ああでもない、こうでもないで 一日途方に暮れていました。

相変わらず ちいさな工房はちいさいままですが、
奇跡的に お茶が飲めるコーナーが出現しました。
                  

お昼をまたいで作業していかれる生徒さんも多々いらっしゃいますので
どうぞ遠慮なく、お持ちになった おむすびやパンや、食べてくださいね。
fika?(お茶しよう)工房の名が名ですから
珈琲やお茶・たまにオヤツがでてきたり自然と持ち寄られたりします。




 
atelier fika  c.0  t.0
アイヌ刺繍ワークショップのお知らせ
大好きな 「わらべうたの明子さん」が 
春休み、ふたたび尾道にお越しになります!!

今回は 保育園さんとシルバー世代のホームへ
わらべうたの楽しい世界を届けてくださいます。


私がいつも 羨望の眼差しで見つめている 
あきこさんの素敵な衣装の数々。

その作家さん、四辻藍美さんも 尾道にご一緒くださるとのこと。

そして四辻さんのアイヌ刺繍ワークショップ開催の運びとなりました。
定員は10名さまとなっております。

*******************************

四辻 藍美さんの
アイヌ刺繍ワークショップ


3月31日(月)14時〜17時
B&B潮風
さんにて (尾道市向島町15058)

参加費 おひとり3000円 刺繍台座の布、糸などの材料費込み)
 ※アイヌ刺繍をほどこしたいお洋服や布小物、布地、お裁縫道具はお持ちください)

定員10名(定員に達し次第 締め切らせていただきます)
定員いっぱいになりまして、締め切らせていただきました。(3/7現在)

予約 090*6346*7683 (atelier fika /おのみちわらべ)




チェパレチゥ、エアラオホル、クイクイルウウ、イカラリ・・
これはアイヌ刺繍の さし方の種類の名前の一部だそうです
優しい美しい響きが伝わってきます

愛する人を魔物から守るために、一針一針、こころをこめて刺繍する
アイヌの女性たちの想いに少し触れられたら・・・
ぜひ ご一緒しましょう。

四辻藍美 氏
1946年北海道小樽市生まれ。
国立市育ち、千葉県南房総市在住。
アイヌ研究家、アイヌ童画の父、四辻一郎氏の影響で、アイヌ刺繍の力強さ、
繊細な美しさに魅了される。
この素晴らしい世界をたくさんの人に知ってもらいたい、という想いで
作品展・ワークショップを続けている。

 
atelier fika  c.0  t.0
お礼


遅ればせながら・・・

お寒い中
冬の暮らしの手仕事展に
お越し下さったみなさま
ほんとうにありがとうございました

搬出しながら
まだまだ 勉強を重ねていかなくては、という
点がたくさん浮かんでまいりました

ここからも
いま、ここの世界を感じながら
こころから湧き上がるカタチを、
そのてしごとを、
一つずつを丁寧に
じっくり取り組んでまいります。
どうぞ お見守りいただけますよう
よろしくおねがいいたします

ますます自然の存在が近くなり、
展示会後のお教室では
アルコールランプとスパチュラを出してきて
みんな一斉に 有機的デザインのワックス原型制作に
とりかかった1月でした。

ワックスでの制作、鋳造は年に1,2回足並みが
揃ったらしています。


新しい体験の方もいらしてくださり、
わくわくしています。
どうぞお気軽に体験お問い合わせください。

一部 携帯のアドレスによっては
パソコンからメールの返信が出来ないケースも
ございますので、
出来れば 平日の朝10時から夕方4時くらいまでの間に
お電話くださると 対応しやすいと思います。
よろしくお願いいたします。



いす2月/3月の工房スケジュールです
定員3−4名
体験の方は1−2人ずつと、させていただいております
狭い工房ですのでもともとのお席が少なく、
出席欠席ともに早めのご連絡をいただけると助かります

午前は10時半〜12時半 /  午後は 13時半〜15時半
※12時半〜13時半は 
 その日、参加される方は 自由に工房をお使いいただけます


工具2月   残りお席数です[2月8日現在ですのでご確認ください]
10日(月) 午前 ×  午後 ×
13日(木) 午前 2
17日(月) 午前 1 午後 2
20日(木) 午前2
24日(月) 午前 × 午後 2
25日(火) 午前 1(体験は×)
27日(木) 午前 2

3月
月曜 3日 17日 ※月曜は午前、午後 ひらきます
火曜 4日 11日 18日
木曜 6日 13日 20日


締め切りました 



*******************


今日は ここ尾道の海沿いでは めずらしい積雪。

湿った雪の重みで 庭の木々が 重たいよー、と悲鳴をあげて
頭をたれていましたので
日の出とともに、木々の雪落としをしていました。


雪国の方々には ホント
笑われてしまいますが
小高い丘の我が家は 身動きが出来なくなり
朝から予定の調整で ちょっとばたばたしておりました

でも、子どもたちは 
こんな夢みたいな雪景色に大興奮で

朝の6時前から飛び起きて
雪だるまを作り

朝8時には 近所の子が
「今日は雪合戦じゃろー!!」
と、ピンポンしにきて 出かけてゆきました。

今日しかないじゃろーーー、のお祭りでしたから
驚いたことに、外にでると
もう一緒に遊ぶことがなくなっていた
中・高生も入り混じって
保育園児から 高校1年生まで 17人!!!が、
かまくら作りに、そり遊び、雪だるま作り、と
力を合わせて ほっぺを赤くして 夢中になっていました。

瀬戸内の子どもたち、次の大雪の時にはもう大人かも
しれないしね。


我が家の畑と山

長野の伊那に8年住んでいた夫と 北海道は札幌に7年半居た私は
懐かしい景色だよね、と 朝からぬくぬく珈琲を飲んでいました。

外に出ていくことが難しくなって
ぽっかり空いた 白い時間です


札幌の先生が 冬は庭がすべて雪におおわれて
庭仕事もなくなって、割り切って 
なんにもない白の世界を愉しみながら
家での手仕事に没頭できる、と話していたことを
思い出しました。

 
atelier fika  c.0  t.0
冬のくらしの手仕事展〜1月10日まで





尾道駅前 浪漫珈琲に隣接する エコライフ館での展示
年末年始のお休みが明けまして、本日から 再び始まっています





少しだけ、お正月モードに衣替えしています。




尾道駅近くにお越しの際は ふらり、お立ち寄りください。

お茶も 無料(セルフ)でいただける ゆっくりしたスペースになっています。

あと一週間弱となりました。










下段の 虹色のぬの すべて 自然のままの色で
こんなに 鮮やかな虹が出来たんですって。

布全体を映すと 彫金の作品は 何が何だかわかりませんが
真鍮の新作アクセサリが パステルの野原に咲いています。

fika×ユキハナ×暮らし音 
冬のくらしの手仕事展

2013年12月14日(土)〜2014年1月10日(金)

彫金 atelier fika
花あしらい ユキハナ
いろあそび(染めや紡ぎ糸など) 暮らし音

おのみちecoライフ館 筺。娃隠横亜檻苅牽機檻械娃
広島県尾道市東御所町1−5−3(駅前再開発ビル2階)
開館 10時〜18時(最終日は16時まで)

 

*******************************************
atelier fika 彫金工房  1月予定
月曜日 20日  
10時半〜12時半  13時半〜15時半 (12時半〜13時半は自由制作)

火曜日 14日、21日、28日  
10時半〜 13時半〜 (同上)

木曜日 9日、23日、30日
10時半〜

*作品販売について*
ご連絡の上 工房shopにお越しください。

*体験教室について・・*
彫金を習ってみたい方からのお問い合わせを少しいただきました
ありがとうございます。

1月14日(火) 20日(月) は 教室のいつもの生徒さんの
空きがございますので、ご予約の上、体験可能です。

木曜日はお一人まででしたら、体験可能です。
ご相談ください。(1月8日 追加)

また、新規生徒さんは 曜日が合えばお入りいただけます。
午後クラス(13時半〜15時半(12時半〜工房使用可))も
ご相談、ご利用ください。

090*6346*7683 (*→ーです)
              (atelier fika アトリエフィーカ).


 
atelier fika  c.0  t.0
冬のくらしの手仕事展〜尾道駅前 ecoライフ館 ギャラリーにて。
2014年1月10日まで ecoライフ館ギャラリーをお借りして
企画展示をさせていただいております

atelier fika(彫金)  
ユキハナ(花あしらい) 
暮らし音(いろあそび 染め 糸紡ぎ 蜜蠟蝋燭)

冬のくらしの手仕事展

場所は尾道駅前のデパート福屋 二階から通じる尾道浪漫珈琲さんのお隣です。
2013 12/14〜 2014 1/10
時間は 10時〜18時
12/29-1/4の年末年始はお休みとなります
 


染め、野の草木・花、金属が 優しく調和しました。
しぜんのかたちに感謝をこめて。



尾道駅付近お越しの際、よろしければお立ち寄りください。

ほんの一部ですが 遠方でこられない方へ お写真です






作品同士が みんな生かしあって 尊重しあって、

なんとなく 会場をゆっくり歩いていると

旅をしているような気分になりました。






生徒さんと私の作品 
銀、真鍮、銅 をろうづけ 透かし 鋳造 ほんの少し鍛金の要素なども。

ひとつひとつとても時間をかけて 心をこめて作っているものです


蓬 石榴 臭木 琵琶 桐 梅 椿 棕櫚・・・

ふわふわ温かみのある手紡ぎの糸は
すべて 向島の草木で染めた 美しいいろ、感動的です。

少し遠目のお写真で遠慮気味にご紹介させていただきましたが・・・
お近くの方は ぜひぜひ実物をごらんください。





驚いたのは 臭木の優しく透明感のある青です(写真 奥に 銀作品ともに展示)

時間帯によって 光とかげの角度が 違って 色の見え方もさまざま
いついっても 違った表情がたのしめるようです。




みつろうの手作りキャンドル
森のたからもの
真鍮と銅のキャンドルホルダー

fika  ユキハナ 暮らし音 




ひとめぼれしてしまった ユキハナさんの作品
”シャンデリア”

修行されてきたparisの香り
でも、尾道の森からお借りした宝物たち
ひとつひとつの植物の命を慈しむように宝探しをされています


高次元を生きる植物の完成美とにいつも心動かされながら
彫金の創作をしているので、本当に心が呼応しました。




おまけ・・・

作品搬入直前、息子ちゃんがお熱だしまして学校お休みしたんです
おのみちわらべの忘年会へは行けなくなってさびしかったんですが、

こたつを出して、二人でのんびりとアイスクリームを食べた後、
うつらうつら寝てしまった息子がプレゼントしてくれた3時間半
なんだかゆっくりしてしまって

作品の切り抜いたあとの小さな銅や真鍮で
大切にしている言葉を刻印して もう一つだけ 作りました。

”TAT TVAN ASI”

あなたは あなたの ままでいい
あなたこそが 真実だから
あなたこそが 全体だから





透明な輝きの銀細工の作品や きらきら石が入った作品なども
会場に射しこんでくる優しい光や、ほどよいライトに照らされて
綺麗です。

下の段の作品をとらなかったので
またお写真とっておきます



 
atelier fika  c.0  t.0
<< | 2/6 | >>